« 東伊豆を行く | トップページ | 再びの昭和公園 »

こんなこと あんなこと

 中国製毒入り餃子 こんなセンセーショナルな見出しが
新聞の一面に載る。
 怖い話だが今の世の中の一面をついて、反省材料が
つまっている。

 間にはいるのが、双日だ、JTだ、生協(CO-OP)だと
聞くと、完全に信用する。
 家でも”生協”との付き合いは10年以上と長く、毎週
注文し配達される。 
慣れっこになっていて当たり前の日常だ。
 改めて、品物の説明を見る限り国産で、キャベツ、
人参、ほうれん草など、何処の誰さんが、作ったものと
顔がみえるので一安心。

 それにしても”仙台名産牛タン”が中国製とは、驚きだ。 
以前、アメリカ牛のBSE問題がおきた時、仙台の牛タンが、
品薄で
高騰したことがあった。 
そうしてこうなったのか? 知恵比べのようだ!

 中国は世界の工場といわれ、毎年2桁の成長率で
急速に発展してきた。 衣類はいうまでもなく、食料品、
その加工品、ちょっとした組立品でも”アッセンブルド・イン・
チャイナ”の文字を目にする。
 近々でも、子供のおもちゃや、ペットフードなど毒性
が見つかり、ペットが死ぬなど話題にこと欠かない。

 20数年前、最初に行った中国は、首都北京でも
道が何処までもどこまでも真っ直ぐに続き、その脇を
牛馬が通る。 (日本の道は、曲がったり突き当たったり)
 夕方の退勤時間ともなると自転車に乗った人ひと、人が、
雲霞のごとく集散していく。 人の多さに驚いたものである。
 その後、数年前に行った上海は、目を見張る変貌を
遂げていた。 高層ビルの林立とネオンのすさまじさである。

 話題は違うが、中国女性はパワフルの一言!

 こんなことを思いつつ、早い真相の解明が待たれる。

 下の写真は、購入している生協製品の一部である

 001_3 004_2 015_2

|

« 東伊豆を行く | トップページ | 再びの昭和公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国製毒入り餃子が毎日話題になっていますが、我が家はたまたま、この餃子には関係がありませんでしたが、娘のお弁当のおかずにと買った「お弁当シリーズ」の冷凍食品の中に、指名されていた物があったそうです。既に半分程食べてしまったのですが、何も無くて良かったです。生協だから、安心していたのですが、食べ物だけに、早く原因を見つけて欲しいものです。

投稿: ラッシーママ | 2008年2月 5日 (火) 10時31分

 ラッシーママ様
コメント有難うございます。
去年、教室で作った思い入れのカレンダーも、早くも
1枚めくってしまいましたね。
今日は気持ちよく晴れ渡っています。

両国で協力して1日も早い解決が待たれます。
食のこと故、安全性が第一です。

投稿: やっこちゃん  | 2008年2月 5日 (火) 12時41分

衣食住のこと

 何年か前に(ふうてん老人日記)で衣食住のことを書いたことがあります。
今豊かになったと言われるけれど、果たして我々の衣食住は豊かになったのだろうか?という論調でした。

 ないよりはあった方がいい、で、戦後60年我々日本人は突き進んできたように思います。
国破れて山河あり、というところまでトコトン失った日本ですから、その後の過ごし方には情状酌量の余地はありますよね。

 しかし60年間ある意味、思考停止に陥っていたのではないかとも思うのです。
物事(あればいい)というものでもありませんよね。
不景気、不景気と言われながらいまだに数字上はアメリカに次ぐ世界第2位の経済大国だそうです。

 その経済力を失わないうちに少しは考えたいものです。
衣食住をどうするか、どうあって欲しいか。
そのことを考えればいい、と当方は思うのですがねえ。

投稿: ふうてん | 2008年2月 5日 (火) 22時23分

  ふうてん様
 まわりを見渡すと殆んど戦後生まれの人たちです。
終戦時はほんの子供だったので、昔はこんなではなかったなどと、えらそうなことはいえませんが、飽食の今、
日々の生活のいろいろな面で歯噛みするおもいです。
”欲しがりません 勝つまでは”こんな標語が思い出されます。
こんな子供時代もいじましく, 良かったとも思いませんが、
物を大切にしない、物を直ぐ捨てる、今の自分もこの
中に入っているのです。

 技術革新、或いは売らんかな?で、次から次へと新製品、
このエコの時代に考えさせられます。
 食料自給率云々と言っても、明日から直ぐとはいかないのですから、しっかりとした計画が必要です。

 考えさせられることばかりです。
私は家で”世相慨嘆居士”と揶揄されています。

 政局がらみでなく、今こそ次世代、次次世代を見すえて頑張って貰いたいものです。

投稿: やっこちゃん | 2008年2月 6日 (水) 17時12分

我が家も、生協との付き合いは15年以上になります。
生協なら、安心・安全と思って、長く利用してきました。
でも、今回の冷凍ギョーザ中毒事件で、いつ自分の口に入るかも知れないと思うようになりました。
責任を押し付けあうことなく、どこで農薬が混入したのか、しっかり調べてほしいと思います。
購入する私達も、いろいろな事を予測しないといけない時代なんですね。

投稿: わたすげ | 2008年2月 7日 (木) 09時50分

  わたすげ様
 コメント有難うございます。
それにしても、焦げ目がついてパリッと焼けた餃子
は、美味しいですね。
 手作りに限るようですが、今はもう小人数の食卓で、
それも面倒うと、勝手な消費者です。

 ものを買う時は、いちいち商品を手に取って
老眼鏡をかけるようです。・・・
でもこれも結構、面倒くさいですヨ!

投稿: やっこちゃん | 2008年2月 8日 (金) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東伊豆を行く | トップページ | 再びの昭和公園 »