« A Happy New Year | トップページ | 春はそこまで »

美術館めぐり

006_4

016_3 003_3  

   012_3

  おとといは東京に初雪。 そして氷雨が一日降り続いた。
この冬一番の寒さを感じる。
  此の先小寒から大寒へと暦通りに寒くなっていくのか?

  昨日は冷たい北風の中、日本橋高島屋で、
「アール・ヌーヴォーからアール・デコへ  ~華麗なる装飾の
時代~」 を姉妹で観る。

 曲線を生かした優美なデザインのガラス工芸品の数々、
精緻で色彩豊かで美しい。 其の前にいつまでも佇ずむ。
 当時の ジュエリーやドレスなどファッショナブルな品々も
加わり時間の経つのを忘れる。

  地下鉄銀座線で渋谷へ出て、神泉まで歩く。
  ここに ”渋谷区立松涛美術館"がある。
10年も馴染んだ 渋谷は "わが町"と思っていたが、
青春は遠くなりにけり・・・

  場所がら松涛美術館は石造りの瀟洒な外観を持つ。 
中は噴水のある吹き抜けで、静かな雰囲気につつまれる。
 玄関を入って直ぐ右側に、この催しとは関係なく
"橋本 明治の祭”の絵がある。 

 「素朴美の系譜~江戸から大正・昭和へ~ 」 の展示。 
素朴な味わいに富んだ絵画の、日本的なよさを再認識する。
  日本の.清新な伝統に思いを馳せる。

  館内の喫茶室でサンドイッチにハーブティーを飲む。
5時の閉館にあわせてここを出て家路につく。
  からだは寒く心は暖かく。
 

  

|

« A Happy New Year | トップページ | 春はそこまで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

神泉の戸栗美術館には行ったことがありますが、松涛美術館にはまだ行ったことがありません。
橋本氏の「祭」の絵は、すごく艶やかで、色の美しい絵ですね。
本物を観てみたくなりました。art大きい作品なのでしょうか?

ガラス工芸やドレス、そして素朴美の絵画など、心に響くものを観た後のゆったりとしたティータイムは、心と体をほかほかにしてくれたのですね!cafe

投稿: わたすげ | 2009年1月12日 (月) 20時45分

ラッシーママは今迄、美術館などは余り行きませんでしたが、
ブログ仲間の方々のブログで紹介して頂き、観ていましたが、最近
何となく前とは見方が変わったように感じます。

いつも自己を高めている“やっこちゃんさん”には感服です。

投稿: ラッシーママ | 2009年1月13日 (火) 17時24分

   わたすげ様

お早うございます。
お天気が良くて気持ちいいですね。heart04

あの絵は100×80~90cmほどあった
ように思います。 今ネットで調べたのですが
40号か50号では?

神泉の駅は連結車両の長さよりホームが短いので、
降りそこなってしまいます?
何時もコメント有難うございます。


  

投稿: やっこちゃん | 2009年1月14日 (水) 09時49分

   ラッシーママ様

美術関係に造詣が深くその関係者が、姉の友人にいます。
分からないながらも場数を踏むと、結構興味が湧いてき
ます。
そして姉妹3人、其のつど食事をしたりお茶を飲んだり
ありふれたよもやま話を楽しんでいます。
そんなわけでチャンスに恵まれているだけです。

好天続きでたすかります。 sun

投稿: やっこちゃん | 2009年1月14日 (水) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A Happy New Year | トップページ | 春はそこまで »