« 美術館めぐり | トップページ | 春節・エトセトラ »

春はそこまで

090115_027_4 090115_064_4

090115_007_3 090115_015_3 090115_034_3

090115_047_3 090115_035_3

 降り注ぐ太陽は暖かいが、北風がとても冷たい。
これから大寒、そして2月の初めまで最も寒い季節である。

 百草園への坂道は距離は短いが胸突き八丁、かなりの
勾配である。

 園内はロウバイが盛り、つやのある黄色い花、馥郁とし
た香りがあたり一面にただよう。
 スイセンの花も伸びやかに咲き、花芯は鮮やかな黄色
に染まる。
 見上げれば八重寒梅のピンクが青空に映え、白梅は
ちらほらといまだしの感、2月の声を聞けば本格的な観梅
の時期になる。

090115_006_2 090115_002_2 090115_004_2

 百草園に隣接して百草八幡神社がある。 
ひっそりとして人影もなく寂しい。
 源氏ゆかりの由緒ある歴史をもった神社とある。
重要文化財である銅製の彫刻、阿弥陀如来坐像が鉄製の
収納庫のなかに納められていると云う。 公開されていない
だけに見てみたいと痛切に思う。

 ここを先へ進めば“七生丘陵散策道”左へ折れれば“百草
台自然公園”の標識がある。
 左へ折れて雑木林の細道をゆっくりのんびり歩く。
高台から、くだって下って広い通りに出ると、 南百草(?)の
バス停にぶつかった。   行き先は“高幡不動” ほっとした気持
ちでこれに乗る。   歩数にして9千歩ほどの行程であった。
 

|

« 美術館めぐり | トップページ | 春節・エトセトラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

“百草園”に行くには、凄い坂を登りきらないと着きませんね。
ラッシーママは一度行って、余りの坂の勾配にお手上げ。

梅や水仙も咲き出し、“春遠からじ”というところか。

やっこちゃんさんの足の丈夫さには驚き。
羨ましく思います。

投稿: ラッシーママ | 2009年1月18日 (日) 12時12分

ここ数日は寒い日が続いていますね。
でも本格的な寒さはまだこれからだと思うと、
まだまだ重たいコートが離せませんね。

花の中では桜が一番好きですが、
ロウバイも好きな花のひとつです。
控えめな華やかさが好きです。

投稿: mog | 2009年1月18日 (日) 22時34分

    ラッシーママ様
ほんとに、あの急勾配はぞっとしますね。
百草園は四季に応じてそれぞれ良いただずまいを
みせ、また季節の花も沢山咲くんですが!

この間は空気も冷たく、池の水も半分凍っていました。
人影もなく満開の梅の時期がうそのようでした。 mist

投稿: やっこちゃん | 2009年1月19日 (月) 10時48分

    mog様
短い夏と違い冬は長いです。草木を見ていると
少しずつ春がしのび寄っている気がします。

春を待つ心は浮き浮きします。
特に桜の咲き出す頃は、季節よし、花よし
いいですね。cherryblossom

投稿: やっこちゃん | 2009年1月19日 (月) 11時04分

昨日、電車の窓から、ピンクの寒梅が咲いているのを見つけ驚きました。
やっこちゃんさんの花の写真を見ていたら、こんなに春が近くに来ているんだと実感しました。tulip
百草園や、百草八幡神社の辺りは、静かな雰囲気を残した素敵な場所ですね。私まで、歩いているような気持ちになりました。shoe
奉安殿の朱色と黒の組み合わせが、鮮やかですね。

投稿: わたすげ | 2009年1月19日 (月) 13時27分

   わたすげ様
お早うございます。
今日は午後から、ラッシーママ様と2人で
「フォトショップ エレメンツ」の臨時授業を
受けます。 楽しみにしています。 notes

今の時期、ウイークデイの百草園近辺は、
人っ子一人いなく恐いほど静かです。danger
でも心が洗われるようです? 

コメント有難うございます。

投稿: やっこちゃん | 2009年1月20日 (火) 10時14分

ジャラです、早速コメントをいただきながら失礼しました。
百草園の蝋梅の写真など見て、春が近いなと感じます。
日野に住んでいながら近くに神社があったとは知りませんでした。
一つ物知りになりました。

投稿: ジャラ | 2009年1月26日 (月) 11時27分

  ジャラ様

コメント有難うございました。 (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ    
百草八幡は、まわりの散策を兼ねてお奨めです。
近くにお住まいなのになかなかお会いしませんね。

投稿: やっこちゃん | 2009年1月28日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美術館めぐり | トップページ | 春節・エトセトラ »