« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

デジカメ片手に

<>

<

西洋風蝶草(クレオーメ)
< < < < <

梅雨が明けたはずなのにお天気がはっきりし
ない。 かと云って真夏の太陽がじりじり照りつ
けるのもうれしくないが?
発達した梅雨前線の影響で記録的な豪雨。
【山肌ずるり 一気に】 こんな見出しをみて土
石流の激しさに恐怖を覚える。

衆院解散 総選挙、そして46年ぶりの皆既日
食、かつての決戦地“硫黄島の天体ショウ”を
観る。
月が太陽を完全に覆ってしまう現象・・・
月世界へ、また女性の日本人宇宙飛行士もい
る時代、思考回路が追いつかない。
この選挙で日本も変わっていくのか?


090713_110446 090713_110704 090721_155024

デジカメ片手に歩きながら、はや秋の七草を見
つける。
 かわらなでしこ、ききょう、おみなえし
これからが盛夏と云うのに月日は確実にめぐる。


| | コメント (3)

料理も空気もおいしい!

090717_112914_2
 restaurant山深い杉木立のなかに、古
 色蒼然とした白い欧州風の建
 物がポツリと建つ。 ここが〈地
 中海
料理メリダ〉である。



       090717_115347_2 090717_115954_2 090717_121306_2
        注文は「アンダルシア風パエリア」
  ガスパチョ(冷たいスープ)、お皿からはみ出しそうなサ
  ラダ、そしてメインのパエリア、 味よし値段よし。

  090717_134119_3 090717_134703_3 090717_135244_3 090717_140330_5
    トンボ玉からピカソまで!(右端はピカソのデッサン)

  090717_135413_2 090717_135436_2 090717_135715_2 090717_135637
     小さな道化師の作家、太田拓美氏の作品
   ギャラリー ネオ・エポックはオーナーが改築、手作りという。

      090717_113218 090717_142037 090717_142432
    食後「ギャラリー」と「小宮神社」をめぐり帰路につく。
    小宮神社は樹齢何年?  杉の大木が密集。

    ラッシーママさんの運転で、わたすげさん共々ドアto
     ドアの送り迎え、楽しく充実した時を過ごす。 m(_ _)m
 
 




     
     
 
 

| | コメント (6)

二つのコンサート

1_7
  七夕の日は梅雨の晴れ間で気温31度
  さすがに暑いあつい。
 横浜桜木町下車、紅葉坂を上り 〝神奈
 川県立音楽堂”へ。

  中国出身 「崔 宗宝(バリトン) 崔 宗順(バス)兄弟オペ
 ラ歌手ジョイントコンサート」
 とっておきのステージで、リピーターが多い。
  二人とも190センチ近い長身で豊かな声量が魅力。
 
 プログラムも「フィガロの結婚、椿姫」ほか、聞き覚えの
 ものが多い。 「アメイジング・グレイス」では、本田美奈子
 さんを思い出す。
090707_170619_9 090707_204632_7
 心豊かに会場を後にする。 見上げる夜空に星はなく
 まんまる月がかさをかぶる。


2009_0602_160516p1040551_2 2009_0602_160224p1040549_2
 先月初め、調布グリーンホールに「コンチネンタルタン
 ゴ オーケストラ」を聴きに行く。
  本場のアルゼンチンタンゴに対してヨーロッパのタンゴ
 は、〝コンチネンタルタンゴ”と呼ばれるようになる・・・

 生き生きとした躍動感あふれる演奏がタンゴの魅力。
 その主なレパートリーは、
 碧空/ジェラシー/ラ・クンパルシータ/真珠採りのタンゴ
  黒い瞳/モンテカルロの一夜/バラのタンゴ/等など、
 最高に楽しい時間を過ごす。

 
_edited1 PCにフォトショップエレメンツのソフトをい
 れたので、この先が楽しみ。
 使いこなせればかなり面白いようだ。



 
 

| | コメント (14)

雨上がりの昭和公園

ソルボンヌ トケイソウ ハイビスカス モナルダ エキナセア

    090702_143534 100702_150451 100702_151828_2
    100702_145624 100702_153213 100702_155736

 この日の目的は “ハンゲショウ ” を見ること。
  「水鳥の池のほとりで、約2,000本のハンゲショウの葉
 が白く涼しげに色づき、見頃を迎えている」と云う記事
 を読んで出かけてみる。
  名前の由来は上から2、3枚の葉の表だけが白く変色
 するので、「半化粧」と云われるとも。

 雨あがりの広い園内にはアジサイがいたるところに咲
 きとてもきれい。 まだまだ盛んである。
 木にも花にも沢山の水滴が、触れなばこぼれんばかり。

 花木園でお茶を飲みながら、時間をかけてつぶさに観
 察、この時期派手な花は咲いていないが、その分思わ
 ぬ収穫も。 ユリも睡蓮もカメラマンと写生人で賑あう。
 
 

 

| | コメント (10)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »