« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

お鷹の道

JR国分寺駅下車、25~30分分ほど歩く。 国分寺崖線といわれるこの
辺りは武蔵野の面影が色濃く残る。
この崖線から流れ出た湧き水を水源として小川が生まれ、その小川に
沿ってほど良い道巾の遊歩道が作られている。
江戸時代、国分寺付近は尾張徳川家のお鷹場だったことから、この遊
歩道をお鷹の道と名付けられる。

曇り日の午後、初秋の風が気持よく緑のなかを歩く。 折からの日曜日
で三々五々の人も絶えない。
農家の無人露天で採りたて新鮮、野菜や果物が売られている。


      090927_110607_2 090927_113609_2 090927_113420_2
     090927_111233_2 090927_115057_2 090927_111209_2
ホタルが住む川と云う。  透き通るほどの清流にマイナスイオンがたっぷ
り、思わず大きく深呼吸。

 

     090927_112953 090927_111910 090927_111500
真姿の池湧水群、そこに真姿弁財天がある。 ここの湧水群は名水百選
にも選ばれる。 冷たく口あたりのやわらかい水が思い浮かぶ。

          

         090927_113743_2 090927_114307_2
日本国のあちこちに国分寺と云われる官寺があるが、今日初めて史跡
武蔵国分寺[最勝院国分寺]に来る。 
このお寺の後ろには緑あふれるハケがあり、随所に清らかな湧き水が出
て、境内には万葉植物園がある。
国分寺楼門は板金葺きで江戸時代の建築様式をよくとどめているとある。

 
 

| | コメント (8)

彼岸花

彼岸花は秋のお彼岸に合わせたようにあちこちで一斉に咲き出す。

曇り日の朝、歩いて30分の距離にある日野宮神社へ行く。
ここに咲く彼岸花は、一応盛りだが去年植えたばかりなのでほっそ
りと少々ものたりない。
この彼岸花は水仙と同様 中国から対馬海流に乗り流れ着いたと
云う。よく見ると美しい花である。
   090915_101207_2  090915_100955  090919_115226


日野市のキャッチフレーズは「緑と清流の街」と云うが、日野宮神社
へと歩く間に湧水あり用水路あり、水に恵まれた街であることを実感
する。

かつては農業中心の宿場町で「多摩の米倉」と云われたが、企業誘
致や戦後大規模団地の開発が行われ、自然に恵まれた住宅都市と
して発展したとある。
歩きながら、きれいな水がサラサラ流れる用水路をたくさん目にする。
   090915_101705  090915_102403  090915_102852

 

          Photo_2
これは無精者には重宝なぬかどこである。
大阪泉州の“水なす”を二つ割りにして漬け込み冷蔵庫に入れて置く。
夜漬けて朝にはサラダ感覚で水分たっぷりの美味しいなすの漬物が
食べられる。貰ったものだが便利でこじんまりと、場所をとらない。
その都度の食べ切りも良い。

| | コメント (6)

映画 ココ シャネル

       Photo_8

            田舎のナイトクラブからパリへ
           そして世界へ
           コネクションも財産も教育もない
           孤児院育ちの少女が
           世界の[シャネル]になるまでの物語
                
(紙面より)

      やはり映画は映画館で観るのが一番だ。 臨場感があって面
      白さが倍増する。  大きなスクリーンも魅力だ。

      久しぶりに、シャーリー・マクレーン主演の「ココ シャネル」を、
      新宿武蔵野館で観る。
      アカデミー主演女優賞など幾つもの賞をとっているが、まだま
      だ健在なのに改めて敬意の念を抱く

      これは2008年のイタリア、フランス、アメリカの合作映画だが、

      9/18日から全く違った監督、俳優で同名の映画が始まる。
      まさにシャネル、シャネルの感がある。
      シャネラーと云われる人が沢山いるのも肯ける。

      それぞれの時代のシャネルファッションが楽しめて、貫禄の
      あるシャーリー・マクレーンが親しめる。


              
           Photo_10
       
     これは、手編みのアクリルたわしである。
     アクリル毛糸は非常に 細かい繊維の集まりでその表面には
     細かい溝があり、その溝が細かい汚れをカキ落とす・・・

     油汚れには少量の洗剤を使うが殆ど水だけできれいになる
     と云うすぐれ物である。 濯ぎはもみ洗い。

     径13cmぐらいで薄手なので、隅々の細かいところまで小回
     りが効く。

     使うのが勿体いないような可愛らしい小物で、きれいな色使
     いである。


     

| | コメント (10)

はや九月

    090903_094750 090903_094944 090903_095257

  日野市でもっとも古い神社といわれる「日野宮神社」は、
  日野駅から歩いて10分少々のところにある。
  千年の歴史をもつ由緒あるこの神社は、樹齢二百年の
  ケヤキを主とした木立のなかで質実剛健といった本殿が
  ある。
  こんな記事を読んで、今朝は涼しいので歩いてみる。

  周りは住宅に囲まれているが、鳥居をくぐって参道を行く
  と昼なお暗くひっそりとしている。
  悠久の歴史を感じるようだ。

  本殿には三体の仏像が安置され、秋の例祭に拝観出来
  るという。 (9/19~21)
   参道に植えられた一万本の彼岸花の咲く頃を楽しみにし
  ている。

  秋篠宮殿下が二度神社を訪ねられたという。


 090903_155203_2 090903_155259_2 090903_155316_2 090903_155354_2

 週一、八王子駅から東急スクエアへと地下道を歩く。
 その地下道の柱や壁に小学生の[ゴミ捨てマナー]のポスターが、
 ところ狭しと張ってある。
 地球環境に関心をもった子供たちの、一生懸命書いた絵をなが
 めながら一層気持が引きしまる。

  
         Photo_6
  
  今ほど「エコ」という言葉を目にしたり耳にすることはない。
  最も身近で大切な言葉である。

   百所帯余りの集合住宅に住んでいるが、 ゴミ出しルールは非
  常にきびしい。

  ゴミ置き場は幾つにも分類されていて、それはもうきれ~いに
  整頓されている。
  これが個々にしっかり、分別の習慣をうえつけたように思う。

    night このブログを書きあげて、戸締りをしながら空を見上げ
  ると、月がとってもきれい。 そして風が冷たい。 
  明日はまた暑くなるとの予報だが?

      

    

  
  

  

| | コメント (10)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »