« ウオーキング・道すがら | トップページ | 富士山五合目 ほか »

武相荘

091009_141114_2 091009_141422_2

     091009_141327_3 091009_141622_edited1_2091009_141723_2

[武相荘]は、白洲次郎・正子夫妻が昭和17年から晩年にいたるまでの
半世紀を過ごした邸宅である。
武州と相模の境に位置したことから[武相荘]と名付けられたそうだ。

小田急線鶴川駅から歩いて15分、長屋門を入ると右側に茅葺屋根の母
屋があり、風の音が聞こえてくるような散策路は小山をめぐって自然の木
立が深い。

母屋の中の展示も面白い。 囲炉裏端にはブイヤベースの鍋がかかり、
食器として置かれている焼き物は、一見由緒ありそうで見入るばかり。
居間のテーブルと椅子、書斎、すごい蔵書の書庫など、生活風景がその
まま保存されているような、とても興味深い。
陶器や正子さんが集めた布地の端など見るべきものはたくさんある。
並はずれた知性と教養、一般庶民とは違う生活がそこにあり、畏敬の念
はつのるばかり。

NHKが三晩に亘って、“白洲次郎物語” を放映したのは9月後半、今日
ここにきて益々すごさを感じる。



Photo_2  広い庭に秋の山野草がひっそり咲く。
 
 門を一歩入ると重厚な茅葺屋根の母屋
 の灯は暗く、もと養蚕農家の面影が残る。
 
 晴耕雨読の境地にはこれほどの処はな
 い、贅沢で素敵な空間である。
 

      

|

« ウオーキング・道すがら | トップページ | 富士山五合目 ほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

NHKで放送された“白洲次郎物語”は見逃してしまいました。気になってはいたのですが・・
私は、白洲正子さんの「器つれずれ」を読んだことがあるくらいですが、やっこちゃんさんのブログにしっとりとした“和”の雰囲気が漂い、武相荘は素敵な場所なんだなと思いました。chair
囲炉裏端にブイヤベース、お洒落で心豊かな暮らしを感じます。bottle

写真の一つ一つに合った額縁が工夫され、小さな美術館に行ったようです。
画面全体を流れていく落ち葉に、見入ってしまいそう・・maple

投稿: わたすげ | 2009年10月12日 (月) 10時53分

NHKで放送された、白洲次郎物語は見ました。
町田にある武相荘には行ったことはありませんが、
インターネットでも白洲次郎と言う歴史的な
人物そして武相荘の由来をみました。

写真から伝わる素晴しい邸宅一度行って見たい
と思います。

投稿: shinabi | 2009年10月12日 (月) 14時31分

>わたすげ様 
この連休中行楽にぴったりの好天が続きました。sun
ちょっとお使いに出ましたが今までの服装では寒いんですね!

武相荘の門を入ったとたん、雰囲気が違っていました。
ユニクロの建物を左に行くのですが、道々、今時の家が並んで
いるせいでしょうか?house


投稿: やっこちゃん | 2009年10月12日 (月) 16時52分

>shinsbi様
一度〝武相荘”にいらしては!
建物もお庭も展示物もとても良かったです。
心豊かになりました。notes

話は違いますが富士さんの5合めは寒そうですね。
冬物をひっぱり出しています。

投稿: | 2009年10月12日 (月) 17時26分

NHKで放送された白洲次郎物語を見て、一度訪れたいと思っておりました。

前にも紹介してくれた事がありましたね。

落ち着いた趣きのある住居の写真を、それに合った額縁に入れ、益々引き立てています。

やっこちゃんさんのブログで、勉強させて貰いました。

投稿: ラッシーママ | 2009年10月12日 (月) 23時35分

>ラッシーママ様 今晩は~
夜も遅くなりました。今日はお世話様になりました。
(/ ^^)/アリガトネ 
お天気に恵まれ気持のよい楽しい一日でした。note

改めてまた“武相荘”御一緒しましょう。
四季のお庭が楽しめるようですよ。maple cherryblossom

投稿: やっこちゃん | 2009年10月14日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウオーキング・道すがら | トップページ | 富士山五合目 ほか »