« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

しつらえ

100123_154243 2010_0123_083758p1000261 100123_163603

春は名のみの風の寒さや・・・童謡・唱歌「早春賦」は歌詞もメロディ
ーも郷愁を誘う。うらうらと冬の陽だまりに思わず口ずさみたくなる。

日本橋高島屋の刺繍展の作品の中の一つ。細かい一針々々で大
きな布地を埋めて行く。気の遠くなるような作業であるが、豪華で美
しく目を見張る。(左)

Photo_3

節分とは立春の前日のこと、春を迎えるわけだから気分はルンルン。
“鬼は外 福は内” 大きな声で豆をまくのが好きだ。
京都の五色豆はポリポリと歯ごたえもよく、ほど良い甘さでつい後を
ひく。修学旅行のお土産として “八つ橋” と共に懐かしい。(中)

Photo

桃の節句の起源や由来は奥が深いようだ,が、古くからの楽しい行
事である。
以前、島津家の立派なお雛様を見たが、格が違うというかその素晴
らしさにしばし見とれたものである。すべてに亘るきめの細かさは、い
づれの匠が作るのか、やんごとなき姫様のお道具であった。

或るデパートの正面入り口に飾ってある雛壇を、大勢の人が携帯カ
メラで撮っている。(右)

| | コメント (6)

PC教室で

大寒に入るとはや1月も下旬、直ぐ節分になり暦の上では
立春である。
とは言いながら、「春は名のみ」 今日は冬らしいお天気で
冷たい空気がぴりっと肌をさす。

 1月○日
久しぶりでPC教室、Rママさんとフォトショップエレメンツを
復習するが、すっかり忘れている。

 1 Photo Photo_2
     まめまき              雪が降る          春到来

Photo_2


 1月○日
インターネットで書いた絵が踊りだす。
マウスをあやつりキャンバスの中で自由に絵を書くのだが
思うように動かない。
マウスが “あっち向いてホイ” そんな感じで勝手に動いて
しまう・・・
何回か書き直してみるが思うようにはいかないものである。

| | コメント (10)

新年会&小さな自然

1月13日午後5時半からコンプル先生の新年会が、居食屋
「和民」であった。(高幡駅前)
この晩の寒さは格別であったが、総勢10名で和やかに賑や
かに終始する。
お料理を撮るつもりでカメラを料理モードに設定していたのに
すっかり忘れて飲んでしまう。
はずれ籤なしの抽選でそれぞれお土産を頂き御機嫌で家路
につく。

          100113_191824 100113_175357

  Kouhakulinesgif

風は冷たいが太陽がいっぱい。
立日橋からの真白き富士は見えなかったが西の方の山な
みは、青く美しい。
多摩川の流れは一部、氷結しているような? そんなように
も見える。

      100115_141532 100115_135817

「仲田の森」を歩く。枯れ木が整然とすっきりそびえ、冬のた
だずまい。
近くを流れる水路は、“多摩川(八高線鉄橋上流)より日野
用水として取り入れ東光寺地区から水を分水してここまで
流れる”との説明。
水路の底にはきれいな青草が水にそよぐ。
以前にも載せたが、傍らに、勢いの良い立派な湧水がある。

  100115_143724 100115_142728 100115_144216

普門寺(日野市内)の紅白の梅のつぼみがすっかりふくら
み 開花の時を待つ。福寿草の芽を見つけ自然の営みに目
を見張る。bud

      100115_145544 100115_145409

| | コメント (10)

初詣

  遅ればせながら2010年の初詣に高幡不動尊へ行く。
  午後2時に家を出て45分の早足ウオーキング。shoe denim

  三が日は押すも引くも出来ない混み方にうんざり。これ
  に懲りて今年は一週間遅く出かけてみる。それでも結構
  な人出で賑あう。

  あじさいの咲くころ、またもみじが山を染める頃と、こんぷ
  る先生のデジカメ撮影講座でおなじみのお不動さん。camera

 Photo_2

     7syugougif

    
        日野駅開業百二十周年
  何時も利用している日野駅がこんなにも長い歴史がある
  なんて驚きである。
  古風と云うかレトロな駅舎で、ホームが高い。階段を降りて
  改札を出ればそこは、甲州街道である。
  日野坂を進めば西の方に山々が近い。
    下は現在の日野駅である。何年か前にエレベーターもつき
  新宿まで特別快速で30分、“住めばみやこ”と思っている。

         Photo

  
    「日野駅と日野宿の特別展」で明治・昭和の日野駅を写した
  写真などをみる。
  昭和56年ごろの新宿の高層ビル街もあんなにマバラだった
  のか? あれから29年の歳月が流れているのだから・・・

                  100109_123806 100109_124149   

 

| | コメント (8)

早くも春!

       あけましておめでとうございます

1_3 

  ご家族お揃いで良い年をお迎えのこととお慶び申しあげます

暮れも押しつまった暖かい午後“百草園”に行く。入園料を窓口
に置いてある箱に入れる。お正月に向けて庭の手入れの5,6
人以外は人の気配もなくシーンと静まりかえっている。

冬枯れの園内は蝋梅の香りで満ちている。融けるような黄色い
花が下向きにこぼれる程咲く。
お正月の花万両も赤い実が枯野に興を添える。
そして 寒咲きあやめが美しい。水仙もどうどうと咲き誇る。
日当たりの良いところでは紅梅が紅くふくらみ, 青空に向かって
伸びた枝先に何輪か花がほころぶ。

早くも春を感じて嬉しく心あたたまる。

091228_144510_3 2009_1228_135943p1000116_2
2_3 2009_1228_143843p1000145_3 ろうばい&まんりょう

2009_1228_142400p1000134 2009_1228_144823p1000161
2009_1228_145142p1000167 2009_1228_141012p1000127  かんざきあやめ&すいせん
 
2009_1228_144947p1000163_3 2009_1228_145001p1000164_2  こうばい   






  

| | コメント (12)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »