« PC教室で | トップページ | 東京都庭園美術館 & Pse. »

しつらえ

100123_154243 2010_0123_083758p1000261 100123_163603

春は名のみの風の寒さや・・・童謡・唱歌「早春賦」は歌詞もメロディ
ーも郷愁を誘う。うらうらと冬の陽だまりに思わず口ずさみたくなる。

日本橋高島屋の刺繍展の作品の中の一つ。細かい一針々々で大
きな布地を埋めて行く。気の遠くなるような作業であるが、豪華で美
しく目を見張る。(左)

Photo_3

節分とは立春の前日のこと、春を迎えるわけだから気分はルンルン。
“鬼は外 福は内” 大きな声で豆をまくのが好きだ。
京都の五色豆はポリポリと歯ごたえもよく、ほど良い甘さでつい後を
ひく。修学旅行のお土産として “八つ橋” と共に懐かしい。(中)

Photo

桃の節句の起源や由来は奥が深いようだ,が、古くからの楽しい行
事である。
以前、島津家の立派なお雛様を見たが、格が違うというかその素晴
らしさにしばし見とれたものである。すべてに亘るきめの細かさは、い
づれの匠が作るのか、やんごとなき姫様のお道具であった。

或るデパートの正面入り口に飾ってある雛壇を、大勢の人が携帯カ
メラで撮っている。(右)

|

« PC教室で | トップページ | 東京都庭園美術館 & Pse. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

陽だまりにいると思わずあぁ春だなと感じます。
刺繍展に行っていらしたのですか。写真の作品素適ですね。
刺繍と聞くとなぜか懐かしいきがします。そのくらい昔の
事のようです。
今週は節分ですね。写真の豆が美味しそうです。

こんぷる先生からメールが入りました。2月からよろしくお願いいたします。

投稿: shinabi | 2010年1月31日 (日) 15時44分

しつらえと言う言葉に、日本の季節行事を心待ちする楽しさが伝わってくるようです。
節分を過ぎれば、もう春ですね。notes
私も、毎年ちょっと小さめの声で、豆まきをしていますよ。
砂糖の掛かった五色豆、食べたくなっちゃいました。

細かい図案をパッチワーク風につないだ刺繍、素敵な作品ですね。一つ一つの細かさにため息が出そうです。eye
何刺繍って言うのかしら?

投稿: わたすげ | 2010年1月31日 (日) 22時11分

>shinabi様 お早うございます~
思えば、今日ははや2月なんですね。dash
1月はいろんな行事があって長いように感じましたが?

刺繍展などの催しは好きなので、ついでに寄りました。
精魂込めた作品がいっぱい展示してあり、自分でもや
ってみたい?と思ったりしました。 ウソッ!出来っこないヨ。

こんぷる先生の教室、一緒に学べるのを楽しみにしてます。happy02


投稿: やっこちゃん | 2010年2月 1日 (月) 09時30分

>わたすげ様 お早うございます~
暖かい日が続きますが、明日は関東でも雪?
ちょっと困ります。snow

刺繍展、好きなのでついでに寄りました。
見事な作品ばかりで堪能しました。impact
やってみたいナと思いながら見ていましたが!?
http://www.totsuka-shisyu.com/index.htm

わたすげさんは、小さい声で節分の豆をまかれるのですか?
わたすげさんらしいです。( ^ω^ )

投稿: やっこちゃん | 2010年2月 1日 (月) 09時53分

節分とは立春の前日のことを言うのですね。
では4日から春ですね(笑)

“やっこちゃんさん”は節分の“鬼は外 福は内”を大きな声で言ってるのですね。
節分、子供が大きくなり一人で豆撒いてたのですが、やはり一人では気合が入らず、やらなくなった頃、愛犬ラッシーが我が家の一員になった時、「鬼は外」とラッシーめがけて豆をぶつけます。
その鬼が豆を拾ってムシャムシャと食べてたのを思い出しました。

刺繍展、あまりに立派でビックリしました。
此処までやるのには、何年いや何十年やれば出来るのかしら・・・

投稿: ラッシーママ | 2010年2月 2日 (火) 22時24分

>ラッシーママ様 お早うございます~
昨日は、雪で足元の悪いなか所用で目黒まで行った
ので疲れました。
それに風がとっても冷たくて! (;ω;)

読書三昧ですか? こういう日は暖かくして本を読む。
至福の時間です。note

あの素晴らしい刺繍は、どの位かけて完成させるのでしょう?
“好きこそものの上手なれ”でしょうかネ。 art

投稿: やっこちゃん | 2010年2月 3日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PC教室で | トップページ | 東京都庭園美術館 & Pse. »