« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ウオーキング・根川緑道

denim ウオーキングに気持ちの良い季節になってきた。shoe
姿勢を正して早足で歩くと心身共にすっきり爽快。

立日橋を渡り立川南口へ向かう途中で、モノレールの線路を直角に横切るのが「「根川緑道」である。 桜の時期は大勢の人々で賑あう。
立派な樹齢の桜の木が川沿いに並び、お薦めの場所である。

全体を生物、遊び、休息、散策と四つのゾーン、それぞれのテーマごとに景観づくりがなされているとある。

20100316

川に架かる木の橋、その下に大きな鯉や赤や黄色の鯉も泳ぐ。
鴨と併せて沢山の数、ただずんでいても一向に飽きない。
散策路の途中には格好のあずまやがあり、この道は何処までも続く。

Photo_7
小さく白い可憐な花は“アマナ” 
季節の花も彩りよく、ピンクに膨らんだ桜の蕾も今少しの開花を待つようだ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・

Pseで絵手紙の復習。下手なほど味が出る  ~とか??

Photo_8

| | コメント (14)

美しい花・はな(昭和記念公園)

昨夜来の猛烈な風雨もおさまり今朝はいいお天気である。sun
今日は昭和記念公園でデジカメ講座&バーベキューの当日。(3/21)

カンヒザクラ・こぶし・木蓮が見頃、すいせん・クロッカス・チューリップ・レンギョウ・ゆきやなぎ等色どりどりで、まさに百花繚乱。
みつまたは黄色い小花が球状になり、沈丁花科というだけに良い香りがただよう。
寒緋桜はきれいな桃色。一番良い時のようだ。
ヒヤシンス・アネモネ・ムスカリ、どれもそれぞれに紫色が美しい。
自然は正直で園内は春色に染まる。 さくらの開花もあと数日の様子、待たれる。sign02
1

3_2 Photo_2
Photo_3

あの花この花欲張ってカメラにおさめるが、被写体が風にゆれて苦労する場面もある。 今日は黄砂も飛んで来るとの予報??

かなり歩いてお腹もすく。
渓流レストランでバーベキュー、お肉に野菜に焼きそばに。
手なれた材料で火力も強く、美味しく焼き上がる。
美味しく沢山食べる。

現地解散で帰りは立川口まで歩く。
かなり歩き、よく食べ、ほど良い疲れを覚えながら帰路につく。

枚数だけはいっぱい撮った。この写真の整理も一仕事。

今日は一日お世話になりました。 (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

| | コメント (12)

春の南房総

前日まで、ぐづついていたお天気が、今日はうそのような行
楽日和に恵まれる。風は冷たいが素晴らしい青空である。
Rさん、SさんのPc仲間3人で、「南房総日帰り旅行」のツア
ーにのる。

「鋸山ロープウエー・千倉の花畑・三芳のイチゴ狩り・富浦の
ポピー摘み」など、朝7時に家を出て、首都高の事故渋滞に
巻き込まれながら帰宅したのが夜の10時半である。 night  (;ω;)

100311_142939_2_2 100311_140953 100311_141128 千倉の花畑

花畑を歩くのはとても良いものである。色とりどりの花の香り
にむせながら、畦道を行ったり来たり、土が足裏に優しい。
幾筋ものカラフルな花々が、青空に映えて美しく。

Photo_2 Photo_3

鋸山ロープウエーで約4分、標高329mの山頂へ。
目の前に広がる海は東京湾浦賀水道、はるけくは伊豆天
城連峰までとある。

100311_141232 100311_154746 100311_154837

イチゴ農園への道すがら、小さな川沿いにサクラが咲き、土
手に土筆(あえて漢字で書きたいふぜい)、黄色と緑の菜の
花があちこちで、春到来を告げる。

ポピーはそろそろ終りとか。大きめの蕾を摘むようにと注意
をうける。
持ち帰った後、色は咲いてからのお楽しみと。
きれいなブルーの金魚草を\300で買う。

20100311

イチゴの花は白くて可愛い。練乳をつけながらどのくらいの
数を口に運んだか? もぎ取るイチゴは赤くて甘い。

千葉と云うと温暖なイメージ。
バスから車外をみると、青い海と菜の花畑を交互に見るよう
な、そんなのどかな風景が広がる。

お土産は、海産物を除けば、落花生の加工製品が目につく。

かくして今日一日、好天に恵まれバスに身を預け楽しく遊ぶ。
何よりあの電車、この電車と乗り継がないのが良い。bus

| | コメント (10)

小石川後楽園

所用があって千代田区役所へ行ったので、小石川後楽園まで足を伸ばす。
周りは高いビル群に囲まれ、門を入ると張り出した東京ドーム球場の屋根がしっかり目にはいる。
それでも都心に在りながら、東京に残る深山幽谷と云われるだけあって、大きくて立派な 「水戸黄門ゆかりの大名庭園」がそこにある。
折から梅の時期と重なり、内庭まで歩くと大きさ・広さを実感する。
梅のほか、桜、紅葉など花見の公園でもある。

B1_2B3B2_2
B6B4B5

子供の頃には、靖国神社の例大祭で九段坂下まで続く屋台のお店を見て歩いたり、小石川後楽園と植物園には、家族や姉妹でよく行ったものである。
懐かしい思い出がよみがえる。

Photo_5
 (上下の絵、Wクリックして見てください m(_ _)m)
梅林の梅も咲き過ぎないのがかえって美しい。黄色いサンシュの木も盛り。つばきがことのほか見事に咲く。sign03

Photo_6

Pseで背景を選び、撮った写真にフレームをつけたり切り抜いたり。
授業の復讐。  book  pencil





 

   

| | コメント (10)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »