« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

昨日・今日

Photo_8 春らしい青空を眺めホッとする。 note

   【二つのヴァイオリンの響き、クラシックコンサート】
午後3時から、多摩センターの「パルテノン多摩  小ホール」で、
知人のお嬢さんの演奏会に出かける。
”フィガロの結婚 より アリア“ “ハンガリー舞曲  第五番”な
どポピュラーなものを約一時間、気楽に楽しむ。(4/24)

100424_141437 100424_135804 100424_142505 多摩センター

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日野駅近くに“宝泉禅寺”というお寺がある。
門がまえも立派だが、お庭も立派で手入れが行き届き、春夏
秋冬の花々が美しく咲く。
ここは新撰組六番隊組長“井上源三郎”のお墓もある。

花桶などを持った墓参の人たちと行き交うことも、まれにある
が静かなお寺である。(4/25)

100425_124846 100425_125643 100425_124508

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

複数の写真を組み合わせた“パノラマ写真”

Photo_6

Photo_7 







  

| | コメント (13)

春のみどり

新宿で昼食会の後、歩いて10分足らずの“新宿御苑”に行く。
腹ごなしのつもりで歩き始めたが、久々の太陽で気持ちがよい。

日本庭園の池近くに、淡い紅色の“ハナカイドウ”がひと際美しい。
晩春に咲く里桜も見頃、緑も鮮やかである。
何年ぶりで踏み入れた春の御苑、さすがに行き届いたお庭に、
大勢の人々が華やかににぎあう。

PhotoPhoto_2Photo_4

Photo_5

Line_snow01
昨日は、41年ぶりの遅い雪にびっくり、午後は晴れて暖かい。

法事の為、車のフロントガラスやリヤウインドの雪を除き、恐る
おそる発進させる。
足の先が冷たい。こんな感覚は忘れていたものだ。
甲州街道へ出てしまえば、雪の影響など全くない。
雪の中、何があるか分からないので 早く出てきたが、霊園の石
屋には、集合時間より、1時間も早く着く。
暖かい部屋で熱いお茶を頂きほっと一息つく。

朝起きて積もった雪を見てあせってしまった・・・
今思うと、ちょっと可笑しい~。 (東京人は雪道が恐い)

| | コメント (14)

さくらも終り

国立駅(南口)の改札を出ると、ピンク色に染まった街が目の
前に広がり、それが天まで届くようだ。(4月7日)
雨模様のお天気ではあるが、さくらは未だまだきれいである。
この学園都市は人通りが絶え間なく、とても賑やか。

Photo_7 Photo Photo_8

今日はピエポリさんのグループで、パノラマ写真に加工するさ
くらを撮りにここへ来る。
その撮り方の説明を受けながら、どんなふうにパノラマになる
のか? 楽しみである。

  Photo_3

その後、 国立 ティー ハウス で総勢 8人、ゆっくりお茶を喫み
ながら団らんのひと時を過ごす。
前もって、ピエポリさんがこのお店の下見をなさったようだ。

   cafeティー&クレープ  または  ティー&ガレット restaurant
いろんな種類の紅茶(或いはフレーバーティー)とセットで、甘
めのクレープか, そば粉で作るガレットのどちらかを選ぶ。
なお包む中みもチョイス、焼き上がりを期待しながら待つ。

私はガレットを頼んだが、中みは酸味の効いたキャベツ・じゃ
がいも・玉ねぎ・ベーコンをマスタードで炒めたもの。
この店自慢の紅茶によく合う。
選びぬいた有機野菜、自家製ソーセージ、自家製ジャムと何
かとこだわりのお店で、また来てみたいと思う。

ひと頃クレープのお店が流行ったが、最近は余りみかけない。
国立は詳しくないが、かくれた名店がありそうだ。

Kunitati_tea_house_2

| | コメント (12)

春が来た

春が来た・その1  3月30日
この日、うらうらと春霞がたつ川面を見ながら多摩川の河川敷
を歩く。(ジャラさんの記事をみて!)
対岸にサギの群れを見つけ、急いでズームアップ。
咲きだした桜をついばむ鳥も見つける。

歩を進めれば、一斉に路地に咲く花々が目を楽しませる。
6_7 Photo_3 

春が来た・その2   4月1日
富士森公園でこんぷる先生の夜桜の撮影会、今夜は風が強い。
いや~ 難しくて、枚数はやたら撮りながら全滅と云う次第。
慣れないホワイトバランスをいじり、かえって 混乱。未熟さに腹
ただしく勉強が必要だ。angry
100401_194008_01 100401_193317_2 100401_193457

春が来た・その3    4月2日
春なのに桜の季節なのに、天候は不順である。
どんより曇った寒い午後、聖蹟桜ヶ丘「いろは坂公園」に、ほぼ
満開に近いさくらを撮りに行く。
桜ケ丘の街が見渡せるこの高台に静かに咲くさくらは、気品が
あり人気のないのが一層良い。
まわりの緑も、濃いピンクに咲くボケも美しいが、風が冷たい。
100402_131828 こんぷる先生宅のさくら【紅豊】

< < < < <

| | コメント (12)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »