« 花の昭和公園 | トップページ | ふらっと 鎌倉 »

辻村寿三郎展

人形作家の辻村寿三郎さんが、目黒雅叙園の文化財
“百段階段”を舞台に、平家物語 を人形で表現、豪華
な歴史絵巻を繰り広げる。
この舞台鑑賞に友人らと連れ立って出かける。
この時期にしては風は冷たいが、良いお天気である。

Photo Photo_4

今回の「清盛無常縁起」は“ドロドロ”とした作品に
仕上がっています。果たして、百段階段という空間
の中で人形たちがどんなふうに見えるのか。 私自
身とてもわくわくしてます。
辻村寿三郎さんの言葉。

平家の栄枯盛衰は、子供の頃に歴史で習い本で読み、
奢る平家は久しからず、諸行無常の・・・   悲劇である。
平清盛はじめ、複雑な血縁関係に、この物語の悲しい
序章が始まる。
壇ノ浦の合戦で亡び行く平家の末路、哀れで悲しい。

上段中  2歳で即位、8歳で壇ノ浦に入水し崩御した安徳天皇
上段右  平家が辿る運命が祇園女御(清盛の母)の表情に無
       常感を募らせる (人形作品から)


この人形たちは、着物を見ただけで、その人物の内面ま
で、うかがい知ることが出来ると云う。
小道具の一つひとつも細密に出来ていて、見るものをひ
きつける。また、特に顔の表情が強く印象に残る。

展覧会会場の百段階段はその説明によると、昭和初期
の木造建築技術の粋を集めて築造され、絢爛の絵画や
彫刻に彩られた由緒ある建築物。

七つの部屋が九十九段の長い階段廊下で結ばれている。
暗い階段に靴下の足が滑らないように、気を使って各部
屋に入る。
展示場の各部屋がまた素晴らしく、それぞれに趣も異な
る。
天井、壁、戸障子類の建具に至るも細かく凝っている。

Photo_4 Photo_3

このホテルのエレベーターも、回廊の両サイドや壁、トイ
レも、その凝りようは現実離れした別世界である。
絢爛豪華の一言に尽きる。

帰りは、うつつの世界で、夕食のことを気にかけながら電
車に揺られて帰宅。

   Ribbon300b1

ウオーキングの道すがら、きれいなバラの花が咲く。
彩りもあざやか、思わずパチリ。

100515_140637_2 100515_140740 100515_153156 100515_153712
    
 

|

« 花の昭和公園 | トップページ | ふらっと 鎌倉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

百段階段を舞台にして、辻村寿三郎さんの人形で平家物語を表現すると言うのは、演じるよりもより難しいことなのでしょうね。
人形の大きさは、50センチくらいなのでしょうか?
やっこちゃんさんは、お人形の着ている着物にも深く興味を持たれたことでしょうね。
絢爛豪華な世界、一度は行ってみたい気がします。door

色も種類も違うバラの花を見つけられたのですね!一つ一つがとても綺麗に咲いていますね。
ウオーキングをしていると、季節のちょっとした移り変わりも敏感に感じるでしょうね。clover

投稿: わたすげ | 2010年5月17日 (月) 20時55分

う・・・ん、なんとも表現し難いお顔ですね。
パンフレットを見るだけでも、なんだか胸が締付けられるような気分になるのは気のせいでしょうか・・・
ちょっと怖くて実物は見れないかも。

薔薇は今見ごろですね。
香りまで伝わってくるようです。

投稿: mog | 2010年5月17日 (月) 21時10分

>わたすげ様 今晩は~

顔の表情、着物、身につける小道具等などで、表現する
のは演技する以上に難しいでしょうね!
そこが、寿三郎さんの寿三郎さんたる所以でしょうか。art

人形の大きさはどの位でしょう?
大作もありました。総じて背丈は低く感じました。
昔はそうだったと云うリアリティなのでしょうか??

今はバラがきれいですね~。tulip
英王室はじめ、みんなに愛されるのが、分かるような気
がします。heart02

投稿: やっこちゃん | 2010年5月18日 (火) 00時24分

>mog様 今晩は~

作者のおもいが伝わってくる作品でした。
琵琶で語られる「平家物語」は悲哀そのものではな
いでしょうか?
一方、怨霊の世界ですから、ドロドロしているのも事実です。
 怖い!

バラの咲きはじめは、初々しく美しく清楚で!

投稿: や | 2010年5月18日 (火) 00時52分

お世話になりました。
素晴しい人形展寿三郎さんの世界なんとも
言えない観る人を惹き付ける歴史ドラマは素適でした。

バラ綺麗ですね。ウオーキングをしていると季節を
感じカメラは離せませんですよね。

投稿: shinabi | 2010年5月18日 (火) 12時01分

人形展ではお世話様でした。
本当に魂の入ったような人形の表情に凄い衝撃を受けました。

そして百段階段の立派さ、「雅叙園」の豪華さに夢うつつ
家路に着きました。

散歩してると季節の移り変わりが、お花でよく分かりますね。

投稿: ラッシーママ | 2010年5月18日 (火) 23時18分

>shinabi様 今晩は~
今日も暑いくらいでしたね。sun
先日は楽しく充実した一日でした。
もの悲しく幽玄の世界でした。( Д) ゚ ゚

バラもきれいですが、白いクレマチスの花もみごとでした。
やっぱり春ですね~。 tulip

投稿: やっこちゃん | 2010年5月18日 (火) 23時31分

>ラッシーママ様 お早うございます。
雅叙園、とても良いところに誘っていただきました。
(._.)アリガト
何十年も前に私が知っていた雅叙園が、あんな凄い
ビルになっていました。building hotel
百段階段を舞台に寿三郎さんの人形展、演目が
【平家物語】 すべてラッキーでした。happy01

投稿: やっこちゃん | 2010年5月19日 (水) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の昭和公園 | トップページ | ふらっと 鎌倉 »