« ふらっと 鎌倉 | トップページ | 夜明け そしてあじさいとバラ »

萌える緑

日毎に緑が生い茂り、吹き渡る風が爽やかである。
新聞紙上に「遅れて咲くふじの花」 ときれいな写真が載る。
場所は青梅の成木。 (5/22)

R さんの運転で出かける.。 カーナビの的確さ、音声に従っ
てハンドルをきれば、目的地近辺まで案内してくれる。
いや~  この便利さを改めて再認識。

成木まで来ているのだが、場所が分からず右往左往、聞く
人も通らないのんびりとした里山の午後は、静まりかえる。

やっと辿り着いたが、竹林のなかに咲くふじの花はやや色
あせる。それにしてもこの萌えたつ緑の鮮やかな美しさ。

Photo

Ornament_w10

小雨にけむる街を散歩する。途中で思わず目をとめるきれ
いな花々、ネットで花の名前を調べるのも楽しいもの。

もう直ぐ6月、あじさいの季節である。
“えっ、今年ももう半ば” ・・・ eye
月日のうつろいは早く、しかも確実にやって来る。sweat02

  100527_112944 100527_111801
  100527_161542 100515_153618_2 100527_162638_2 
  100527_142245_jpg3 

|

« ふらっと 鎌倉 | トップページ | 夜明け そしてあじさいとバラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カーナビで成木まで行っても、目的地のふじの花が咲いている所まで行くのは、結構苦労されたんですね。car
私がブログに載せた五日市の“大久野ふじ”も、主人の運転で近くまで行って、周りをうろうろ。はじめての所は、最後が難しいですね。
竹林とふじの花は絡みあうように、咲いていたのですか?
木々の若葉が重なり合うように緑の濃淡を作り、見ているだけでもすーっと心が癒されますね。happy01

シラー・ヒスパニカ、オオデンニンギクなど初めての名前ばかりです。memo
やっこちゃんさんは、どんな風にしてお花の名前を調べているのですか?

投稿: わたすげ | 2010年5月31日 (月) 22時09分

カーナビで成木まで行ったのですが、後が大変でしたね。
素晴しい緑 竹林そしてふじ綺麗です。
本当にお世話になりました。帰りのレーメンの美味しかったこと。

散歩の時の花初めて聞く名前ばかりですが、綺麗ですね。

投稿: shinabi | 2010年6月 1日 (火) 11時54分

>わたすげ様 今日は~
竹林に隣接してふじの花が咲いてる、そんな感じです。
それにしても、奥多摩方面の緑は素晴らしいですね。
空も青く空気が澄み渡っていました。mist

「365花撰 花の名前」「小江戸川越周辺の草花」など
花の色や咲く時期で調べています。 tulip

投稿: やっこちゃん | 2010年6月 1日 (火) 12時20分

>shinabi様 今日は~
何回もその近くを通っていながら、奥まっていて迷い
ましたね。sweat02
冷麺おいしかったですか。本格的な韓国料理店へ、
(焼き肉のお店)行けばもっと美味しいですよ。noodle
この頃は家々の庭先が色とりどりで美しいです。
お世話になりました。 (人><。)

投稿: やっこちゃん | 2010年6月 1日 (火) 12時40分

やっこちゃん ご無沙汰しました、藤は竹林の中にあるのですか竹林の鮮やかな緑のなかに、房のたれた藤の花は美しく飛び込んできたことでしょう。私の名前の知らない花々一つずつ教えていただきました。

投稿: ジャラ | 2010年6月 3日 (木) 20時37分

>ジャラ様 今晩は~
空青く、緑が益々きれいです。clover
陽射しは強いのですが、風は爽やかで心地よいですね。
ふじの花は竹林に隣接していました。tulip

お元気のご様子何よりです。happy01

投稿: やっこちゃん | 2010年6月 3日 (木) 21時28分

ほんと、もう今年も半分きちゃいましたね~
なんだか毎日バタバタして忙しいのですが、
充実した時間を過ごせる事を嬉しく思う今日この頃です。

この時期の緑は本当に目が覚めるような色で、
草花の命を感じますね。

投稿: mog | 2010年6月 5日 (土) 07時13分

>mog様 今日は~
充実した毎日が過ごせるなんて御しあわせです。heart04
心豊かにポジティヴに、精神的にも充足していらっしゃ
るんですね。 素敵です。 (o^-^o)

緑に囲まれ、伸び伸びと広くおおらかな気持ちになった
ような・・・ちょっとした幸せを感じます。 note

投稿: やっこちゃん | 2010年6月 5日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふらっと 鎌倉 | トップページ | 夜明け そしてあじさいとバラ »