« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

吉祥寺で映画を観る

それにしても連日猛暑が続く。
AM10:45、日野駅で友人らと待ち合わせる。(7/20)
吉祥寺バウス シアターで、映画 “オーケストラ” を観る。

最近、吉祥寺には御無沙汰である。
駅北口下車、サンロード商店街の中を行く。
スーパー西友、月窓禅寺、バウス シアターなるレトロな
映画館等、賑やかなアーケードが続く。

吉祥寺に吉祥寺と云うお寺はないが、お寺の多い街と
聞く。
こんな所にこんな立派なお寺、場違いのような・・・?

古くからあるお寺のようで、いかにも中国風の造り、見
渡す中は広そうだ。
100720_1301181 100720_1304011

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

バウス タウンは、バウス1、2、3、とあり、218席、50
席、100席の三つの上映館からなっている。
切符売り場・上映広告・それぞれの入り口(バウス3)
100720_125857_6 100720_130057 100720_125936

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    <映画   オーケストラ〉
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をモチーフに
描く奇跡の物語。
ニセの楽団が奏でる究極のハーモニーが感動を呼
ぶ!

20100721
随所にながれる楽曲がとても良い。
観終わった後の感動、ラストに刻まれるキャスティングを
見ながら、瞑想して聴くクラシックが最高。
どれも耳になじみの曲ばかり。 music  note 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




 

| | コメント (10)

夏 二題

        Photo_3           Photo_4
東京は連日暑い日が続き、夏本番を思わせる。
梅雨明け宣言が出たようだ。

     大雨続きで「深層崩壊」被害深刻に・・・
こんな見出しに局地的な豪雨の恐さと土砂災害
を、まのあたりにする。
被害にあわれた方たちは、この先の苦難の方が
もっと大変なことに、胸が痛む。

  20100719 ベランダから 

青い空と白い雲、朝から陽射しが強い。
否応なく今日のきびしい暑さが見えてくる。


 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


夏の花 “ひまわり” が太陽に向かってすっくと伸
びる。派手で大きな黄色い花は元気が出る。

何処までも続く、“北斗市明野のひまわり畑”を思
い出す。

  20100718_3

ひまわりも/こうべを垂れる/暑さかな  山帰来

| | コメント (8)

自然豊かな黒川公園

この梅雨時には珍しく爽やかである。(7月10日)
多摩平の森(日野市内)から黒川公園へと急階段を降る。

100710_111418 100710_112211 100710_112710
100710_112924_3 100710_113052_2

わきみず池やわさび田、せせらぐ水音を耳に豊かな森の
自然を歩く。
折からの木漏れ日に緑がまぶしい。
歩くほどに汗がジワリジワリと身体にまとわる。
水分を補給しながら近頃の運動不足を解消。心身共に軽
くなるような心地よさ。

色濃いオレンジ色の  ”ノウゼンカズラ”  や韓国の国花
“ムクゲ” があちこちの庭先に咲きみだれているのが目に
とまる。
今年もこんな時期がやって来た。

Photo

少し歩き足りないような気がして市役所前の公園まで日
影をえらびながら歩く。

1

万歩計は一万歩、シャワーを浴びてシソジュースが美
味しい。
負け試合の野球(デーゲーム)を観ながらうとうとしてし
まう。

20100609_32504

| | コメント (8)

梅雨 むし暑い日々

6月26日(土曜)典型的な梅雨空
 
1_4

mogさんの知人“MJファクトリー”さんの「初夏の手作り
マーケット」に伺う。
降ったり止んだり、傘が要らぬというわけではない。
降りたバス停は“野猿峠” いかにも遠くへ来たような停車
場の名前。 周囲はのんびりとした緑の多い坂道である。
ちょっと奥まっていて、shinabi さんと二人随分歩いたよう
な気がする。

どんなお店か楽しみにしていた。note
可愛らしい沢山の作品がところ狭しと並ぶ。かなりの点
数だ。手作りのあたたかさ、そしてなんか全体がメルヘン
チックである。
焼き菓子と石けんを買う。お菓子の美味しかったこと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月30日(水曜)曇り空

20100630 20100632

Pcの友達4人で昭島にある「フォレスト イン 昭和館」で
マルシェバイキのングのランチ。
RMさんの車にそれぞれピックアップして貰い、正午に到
着。
食後のスイーツが充実しているのは、お客の大半が中
高年の女性客、これをターゲットにしているからか?
このホテルは気持ちの良い空間である。

庭は大きく広く行き届いた森で、ホテルの名前にもなっ
ている。 大きなアカマツがとても多いのが目をひく。
教会の裏からの散策路にはチップが敷き詰めてあり歩
きやすい。今の時期はあじさいの小路である。
青い森にあじさいがよく似合う。

帰路、私宅に寄っでおしゃべりなどして寛ぐ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


7月2日(金曜)曇り時に夏のような晴れ間

Photo_3

新宿武蔵野館で久しぶりに映画を観る。題名は「ブライ
トスター」
“世界で最も美しい詩”を生みだした英国詩人ジョン・キ
ーツの儚くも美しい愛の物語(表題)
25年と云う短い生涯で愛した1人の女性との短く純粋
な愛の物語。
イギリスでは教科書に出てくる程有名な詩人。

冷房のきいた映画館で至福の時を過ごす。これも暑い
夏の過ごしかた。

| | コメント (8)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »