« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

春の予感

千代田区三番町に“東郷元帥記念公園” がある。
88歳で亡くなるまで住んでいた私邸の跡に造られたも
ので、こじんまりとしている。
TVで見た「坂の上の雲」の日露戦争の場面を思い出す。
このなかで東郷平八郎は、“渡哲也”が演じた。

公園内で、うすいピンクに色づいた寒桜が陽を浴び一気
に春を思わせる。
110128_132356 110128_1328221
雨の気配は全くなく乾燥しきっている。
風が冷たいので暖かい日差しはまことに有難い。

気象庁の今冬の予報が、暖冬から平年並みの寒さに下
方修正した。雪国では除雪費用が嵩み予算不足で大変
と云う。

Photo_2

Photo_3 Photo_4
以前は、Pc教室で週一逢っていたのに最近はすっかり御
無沙汰になる。
久しぶりに4人で、八王子そごうのレストラン街で昼食(鉄
板焼き)をとりながら団らんの時を過ごす。
デザートのお店に移っても話が続く。 cafe
多少身についたPc教科もどんどん忘れていくのが恐いよう。

気負わず、緊張せず、心開いて語れる仲間をつくるには、一
朝一夕にはいかない。
良い仲間を持てて幸せであると感謝している。
      (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

     soccer アジアカップ 優勝  soccer
今、夜中の2時半、日本対オーストラリアのサッカーの決
勝戦を観る。
アジアカップの優勝を懸けて、遠いカタール・ドーハからの
中継。
日本が延長戦で先制する。残りあと2分・・・      

| | コメント (14)

冬枯れの昭和記念公園

豪雪地帯のニュースを聞いていると、日本列島は結構広い。
(長い.?)
ここ東京は何日も雨も降らず乾燥しきっている。 

冬枯れの「昭和記念公園」を歩いていると、後ろから陽差しが
あたってポカポカ気持ちが良い。
桜やモミジの季節の喧騒がうそのようにひっそりしている。
110118_133457 110118_143119_2 091228_144510 110118_143802
蝋梅の良い香りに誘われて行ってみると、傍に可憐なボケ
の花が咲く。花と云えば、白梅、水仙、ちょっと汚れた赤い
サザンカがあるだけ。

Photo_3

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;


四谷駅から三宅坂方面へ歩く。やはり風の冷たさが身に
しみる。
小さな公園の前の少女のオブジェに誰が掛けたか温かそ
なマフラーが!

この辺りは花屋さんもおしゃれで、珍しい花を見つけお店の
人に思わず名前を聞く。
バンクシャー(バンクシア・オレンジ・フロスト)
毛糸玉のような淡い橙々色で、ぬくもりを感じる。
早速Netで調べる。
原産国は南アフリカで、ハワイ・マウイ島にたくさん咲く。・・・
110121_142726 3


:

| | コメント (6)

神楽坂&東京大神宮

市ヶ谷駅前から飯田橋のお堀に沿って古木の桜の並木が
続く。
季節には華やかに咲き誇った桜花の影が、お堀一面に映
える。
脇をオレンジカラーの中央線と黄色の総武線が疾走する。

飯田橋駅を出て牛込橋を渡ると、右下にお堀に突き出した
お洒落なお店「CANAL CAFE」がある。
神楽坂を舞台にしたTVドラマに再三登場した開放的な感じ
のお店である。
110114_1358091_2 110114_142130_2 110114_1420231_2 110114_141500_2

神楽坂と東京大神宮は、子供の頃から馴染んだ場所である。
ここは、向かい合う店がくっつきそうな細い急坂で,よこちょう
に入れば、フレンチ、イタリアン、和食とたくさんの店が軒を並
べる。 神楽坂花柳界も残っているようだ。

甘味処の「紀の善」などは未だ健在であるが、ビルが多くなっ
ているのが残念でさびしい。
坂を登りきると「毘沙門天」があり、遊んだ記憶がよみがえる。
110114_142421 110114_1406521 110114_143712
110114_1441311_4 110114_143812 110114_1432431

この東京大神宮は、最近とみに縁結びの神様として若い女
性に人気のようである。
昔はかなり格式の高い結婚式場であった。
110114_1455001 Photo

| | コメント (9)

おだやかな はつ春

典型的な西高東低の良いお天気に恵まれて、新しい年を
迎える。
Photo_2 今年の干支はうさぎ、低迷しているこの国の現状を、
(何を云っとる!) そして自身の身辺を跳ね返せればの願
望を胸に抱きながら・・・

元日の午後、初ウオーキングを兼ねて「高幡不動尊」へ参
るつもりが・・・
駅前からの参道はもちろん、バス通りに面した沿道まで善
男善女の人ひとで埋まる。
あきらめて、駅前の「ふじう」で、ケーキを買って帰宅。
110101_145853 110101_143256_2 110102_130333

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

冬晴れの空は青いが、風の冷たさは格別である。(1/7)
「新春浅草歌舞伎」の午前の部を観るため9時過ぎに家を
出る。
お正月の浅草は相変わらずの人混み、混雑も極まる。
開演迄に時間があったので観音様に初参り、先ず健康を
祈願する。
今日の演目は、【三人吉三巴白浪】 【独楽】
市川亀冶郎の舞踊のファンとしては、楽しさ溢れる【独楽】
に満悦。
2011018 110107_103512

義母の命日なので京成電車で青砥へ、滔々と流れる中川
の傍にお墓があり、墓参を済ませる。

久しぶりにお江戸日本橋の橋の上に立つ。
110107_1546171_2 110107_1624041_3 110107_162419_3 110107_162442_3 
この東京日本橋に立てば「すべての道は日本国道路
元標に通ず」 感無量というものである。

110107_155140 2011019
日本橋三越本店前の「コレド室町」に入り、館内の温かさに
一息つく。
今、話題のこのビルは日本橋の老舗が入り、新しい店舗や
飲食店が入っている。オープンしたばかりなので斬新で華や
かである。
食事するには中途半端な時間である。
とりあえず、にんべんの店先にある、だし場に入る。

以前こんぷる先生のブログで、味の素がやっている「だしカ
フェ」でお吸い物やお味噌汁が無料と云うのを読んだ。
ここにんべんがやっている「だし場(出汁バー)」は100円で
あついだし汁に好みで醤油や塩をいれる。
やはり日本人はこの味にほっとするようだ。happy01





 

| | コメント (7)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »