« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

手作り作品展・元気な食卓

ここ何日か凌ぎやすい日が続く。 夏が終ったような涼
しさに今年の夏は不順なのか?    
一抹の不安を覚える。

小田急百貨店町田店で趣味の手作り作品展が開か
れる。
私共が習っている、つり雛の先生が出品するということ
で、R・Mさんと出かける。(7/30)

すべてハンドメードの作品で、出品作品は多種多様。
誰だれ様と看板が掛かるコーナーが、会場一杯にとこ
ろ狭しと並ぶ。

オリジナリティあふれる日頃の成果の見せどころ。
それぞれに値札が付いているが、その手間と根気と素
晴らしい出来上がりに対して、その対価はあまりにも安
いように思う。
110730_1147101 110730_115513
Wakusen2 1
つり雛コーナーは、教室で一番最初に習ったてまり
沢山。
さりながら、大小さまざまのてまりは、いろんな技法で
作られ、極彩色が映え、とても優雅で美しい。

   Ribbon300g2_2

向こう三軒両隣とは云わないが、あれほどあったファミ
リーレストランが、数えるほどに減ってしまった。
駐車場になりコンビニに変わり、 時代の変遷は恐いよ
うだ。

甲州街道沿いに並んでいた同系列のファミレス2軒が、
レストラン元気な食卓野菜直売所に変わった。

Sさんとバスの窓から「いつの間に出来たのかしら。ど
おう?」 「ウウーン たいした事ない・・・」
こんな会話をしたが、ウオーキングの途中で寄ってみる。

野菜は生産者の名前のもとに、夏野菜のキューリやトマ
トなど同品種のものが競うように並んでいる。
ミネラル海塩で育った塩熟キャベツなど、これは葉っぱが
とても柔らかいと云う。
枝豆、キューリ、トマト、人参、トウモロコシ、キャベツなど
を買ってすっかり重くなる。
店内で飲んだ、カボスジュースがとても美味しい。

さて、レストラン元気な食卓は肉料理、魚料理とあるが、さ
すが野菜が豊富。
20110729 Photo
野菜のエチュペは蒸し料理。7~8品種の野菜が入って
いる。 それなりに美味しかったし、野菜が摂れたと云う妙
な安心感をいだく。

| | コメント (10)

この人 百話一芸 & 自作鞄

大型台風が過ぎ去ったあと、ここ数日の涼しさは、先日
らいの猛暑がうそのようである。

桜木町下車、紅葉坂を15分ほど登って行けば横浜能
楽堂
と神奈川県立音楽堂、そして井伊直弼ゆかりの掃
部山公園(カモンヤマコウエン)が隣接して在る。
この紅葉坂は総石畳の風情のある道で、辺りの風景も
良い。

横浜能楽堂は明治8年に建てられた加賀様の能舞台を
移築、関東では最古の舞台、500弱の客席と併せ、木
の香がただようような素敵な雰囲気に圧倒される。

百話一芸のこの人とは、中村梅乃助
   110724_130115_2

百話も一芸もさすがと思わせ満員の客席から拍手が絶
えない。
歌舞伎通の人ばかりで、私などの門外漢でも、そこは芸
達者、充分堪能出来る。
誘われた時、テレビで活躍中の息子の中村梅雀と勘違
いしたが、父君で良かった。 sign03

掃部山公園には、横浜開港に関わった井伊直弼の銅像
が建つ。
台座を含めかなり大きな像で、公園内は緑も多い。

井伊直弼と云えば、「安政の大獄」や「桜田門外の変」を
思いおこす。
110717_162843 Kamonyama2_2 110717_162723

1
 

先日、R・Mさんの家へつり雛を作るため仲間3人でお
邪魔した。
和布・わた・ペレット・ボンド等々を入れるのに大きめの
裁縫箱を買ったりした為、それを入れるころあいのバッ
グが無い。
よっぽどマチが広くないとおさまりが悪く、市販では見
つからない。

Wさんが青いハワイアンキルトの大きなバッグに裁縫
箱の他、手作りのサラダパンやお土産等すべてを一つ
に納めて、肩から軽々と下げている。

それを見て、手持ちのキルトの表地に、裏は使わなくな
ったテーブルクロスで作ることにした。
2年くらいミシンを使っていない。しまい込んであるポー
タブルミシンをテーブルにのせて、おおざっぱに裁った
布を直線縫いで形にする。
50cmのファスナーを付けたと云うことは、その大きさが
分ろうというもの。

裏布でバッグ イン バッグを作り、巾着紐の先ににチュ
ーリップを付ける。
このチューリップは、つい先日R・Mさんの家で覚えた
ばかりである。
とにかく、これを付けると不出来のものも一段と映える。
110724_1323421

| | コメント (10)

ゲキ × シネ ってな~に?

日中の日照りはジリジリ肌を焼く。
日傘をさそうが、帽子をかぶろうが、地表からの照り
かえしもあり, 炎天下は息苦しいほどである。

こんな昼下がり、新宿三丁目(伊勢丹そば)にあるシ
ネコン 「バルト9」に、 ゲキ×シネ【薔薇とサムライ】
を観に行く。
バルト9は新設で、当世流行りの9つのスクリーンを
持つ複合型映画館である。
110714_140358  9階までエレベーターで、その
先はエスカレーターで11階へ。

    【ゲキ × シネ】  とは・・・
生のライブ感と映像ならではの表現が紡ぎ出す、新感
覚のエンターテイメント・・・パンフレットより。
よろしければ、上の括弧内の【ゲキ×シネ】をクリックし
ていただければ。

【劇団 ☆ 新感線】 近頃は、演劇グループの名前もユ
ニークで意表をつく。
観たり聴いたりの世界が、新しく羽ばたいて広がる。

アンヌやシャルルという名前のなかに、天下の大泥棒
石川五右衛門が堂どうと出てくる。
曲はアメリカ発のロックであったり、朗々と歌いあげる
曲もあり、聴きやすくのりが良い。

画面は、派手で豪華で賑やかで、劇場にいるのか?
否、 映画館のスクリーンを観ているのである。

ストーリーはあってないような・・・ 3時間半の上映時
間(15分休憩)を、飽きせないのが凄い。
110715_214250 110715_2142461 110715_202011_2_2

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

三連休の中央高速、車の渋滞が続く。
夏空は何処までも青く。
110710_171451_2 110710_1717481

| | コメント (8)

猛暑の気配

一昨日、関東地方にも梅雨明け宣言が出た。

午後2時、車ののエンジンをかけながら車外気温を見
ると36°Cとある。 ∑(=゚ω゚=;)
今年も猛暑の気配が濃厚、「暑さ寒さも彼岸まで」と云
うが、お彼岸までの長い2カ月が思いやられる。

炎天下の公園には人影もなく、土は乾ききっている。
恵みの雨を待つ花たちが愛おしい。
1

涼を求めて黒川清流公園に行く。(豊田)
緑地公園の緑陰を歩き、階段を降りる。高い梢まで緑
は繁るがやっぱり暑い。sweat01

黒川用水は農業用水として使われていたそうだが、そ
の昔、日野市は農業が盛んだったと聞く。
栄町のほうには、水車も健在である。
100710_114244_2 250pxkurokawachannel_01

 Aqua_350

   
   Photo_3
  
 「立川断層帯  地震確率高く」

3/11の東日本大震災の影響で、「立川断層帯」の
地震発生確率が高くなった可能性があると政府の地
震調査委員会が発表した。
「立川断層帯」は何処を通っているのか」 「うちは大
丈夫か」ーーと市民からの問い合わせが相次いだそ
うだ。
埼玉の飯能市から立川市などを通って、府中市に伸
びる約33Kmの断層帯である。
専門家は「やみくもに恐がる必要はない」と冷静な態
度を求めている。・・・こんな新聞記事を見て一瞬背筋
が寒くなる。

東日本大震災後、日本の陸地が東西方向に伸びてし
まい、多摩地区でも八王子が東に16㌢、町田も14㌢
移動したことが判明。
なんか恐い話である。
その後、乾パンに水,懐中電灯など、用意したがそれ
も何時のまにかおざなりになっている。
震度5強の恐い体験をしたが120日も経つと記憶は
薄れる。

身うちの命が奪われ、未だ未だ復興のめどもたたない
被災地の方、仮設住宅の生活も長くなり、この暑さをど
うやって過ごされるのか? 思いを馳せれば胸が痛む。

最近、日本列島の至るところで地震がおきていて不気
味である。
無策の政府をなじるばかりで、何も出来ない自分がここ
にいる。
最大の関心は原子力発電の今後の問題と、広がる一方
の放射能問題の収束であろう。

    

| | コメント (10)

雑感 つぶやき

Photo_3  Tanabata3 Photo
たなばたと云えば、幼い頃の幼稚園の思い出が鮮明
である。
近きんの事は直ぐ忘れるのに、おさなごころに残る楽
しい行事、先生が、友達が目に浮かぶ。
今思うと, 子供ながらの願い事が、愛おしい。

高幡不動尊の参道には派手やかに色とりどりの短冊
が並ぶ。
年に一度、織媛と彦星がめぐりあうロマンチックな行事
だが、さて短冊に願いをこめる・・・そんな年齢も遠く過
ぎ去る。

   Ribbon300c1 

木漏れ日の家で」と云う映画を新宿武蔵野館で観る。
岩波ホール(世界の埋もれた名作映画の発掘上映を
行うミニシアター)で上映していた映画と聞くだけで、こ
れは佳作と肯く。
 110628_1043171
ワルシャワ(ポーランド)の森/古い木の屋敷/愛犬フィ
ラ/そして私 91歳/
木漏れ日に一面のガラス窓が輝く木造の屋敷、モノク
ロの映像で、老婦人のひとり生きる姿を映す・・・。

Iroenpitsu_b1

110629_112828 110629_113013
つり雛教室で今までに作った作品。
「ほうずき」はR・Mさんに教わる。
結構まわりに、つり雛作りの同好者がいるのに驚く。
この後、ミカン・猫・宝袋・ふくろう・蛙・ネズミ・折り鶴・亀
等続く。

楽しみなのか?苦しみなのか?
「これらを先生に見ていただいて印認を貰う」との事。
先日この話を聞き、一瞬ギョッとする。 w(゚o゚)w
心を入れ替えてもっと真剣にと・・・反省。

| | コメント (6)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »