« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

江戸の美意識 展示会

~“日本橋美人博覧会 江戸の美意識展”~
日本橋美人とは、江戸時代から続く伝統を身近に感じる
ことにより培われた教養や品格、粋などの価値観を大切
にする“心も身体も美しい女性”を総称する日本橋の地域
ブランドのこと。(冊子より)

上記に協賛して、千代田区九段にある東京家政学院大学
で展示会と講演会があった。(10/29)

展示会ののテーマは “江戸文化の彩りー衣・食・遊ー”
衣・食・ではなく衣・食・ 
なるほどと頷ける展示であった。
江戸後半期の錦絵、染め資料、和更紗、髪飾り、料理本
から再現した料理標本、木地玩具他が一か所にこじんま
り見易く展示されている。
繊細で当時の生活の隅々までの心くばりがにくい~。
111029_102803_2 111029_102814_2
111029_102737_3 111029_102825_2

20111029_2_2    この本膳料理は江戸時代の料理
本から再現した標本。

飯:客用大根飯  くちなしの実で黄色く染めた大根飯。
汁:鳥団子汁    肉食禁忌の江戸時代には、通常肉食
            は鳥料理であった。
なます:阿蘭陀なます  三枚おろしの魚を油で焼き、茹
                 でたねぎを添え、三杯酢をかけ
                トウガラシをあしらう。
                酢、醤油、酒を加えたものが当
                時の三杯酢で甘味のないさっぱ
                り味。
坪:こんにゃく煎りだし  こんにゃくに切り込みをいれ、ご
                ま油で揚げ、輪切り唐辛子と醤
                油につけ、おろし大根をそえる。
                揚げることで肉のような食感とな
                る。
香の者            どんな食事にも必需品。
焼き物:田楽        砂糖入り梅干しとウニをつけた豆
                腐田楽。

これらの展示品を見ていると、日本人の手作りの創意工夫
と精巧さ、美意識の高さに感動する。
久しぶりに異分野を勉強した気分でちょっと満足。

スイッチひとつで火がつき、蛇口をひねれば水が出る・・・
と云うわけではない時代に食生活は充実していることに感
心する。

昼食は”江戸と食と再現料理”
その再現料理を食す。結構豪華でぜいたく。 味は?

これは次回に、またよろしくお願い致します。(o^-^o)

 

 


 

| | コメント (8)

コスモス in 小構公園 他

110929_1128082_2 秋桜と書いてコスモス、良い字づら
である。
19日は友人らと昭和記念公園でコスモスを鑑賞する
約束であったが、欠席する。
私はもう1か月以上風邪の症状が抜けきらず往生して
いる。
この日は、コスモスが最高の見頃で、とても楽しかった
様子が友人のブログから伺える。

ごく近所の公園でコスモスを鑑賞し? 写真を撮る。
この場所は公園になる何年か前は、一面コスモス畑だ
ったと聞く。
特に黄花コスモスの鮮やかな色彩は、目の覚めるよう
な素晴らしさである。

あの雄大な昭和記念公園のコスモスの丘から見れば、
ほんに小じんまりしている。

さながらコスモスの花は今を象徴する。
レッド、ピンク、イエロー、ホワイト、と実に色分けが鮮や
かで華やかである。
ちょっと花丈が伸びて風にそよぎ、シャッターをきるのが
難しい。
201110201_3 201110201_4 20111020

 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

東日本大震災から7カ月も経つ。
現地の復興はままならず福島原発の収束も見えて来
ない。こんななか、
先日このようなパンフレットを貰う。

   地震のときはこうしよう
   ~あなたと家族の安全ノート~

 ○地震が発生したときは
   屋内では
   高層マンションやビルでは
   屋外では
   大型店舗や多くの人が集まる施設では
   地下街では
   電車の中では
   海岸や河口では
   山や崖の近くでは

  ふいの地震に  ふだんのそなえ
      警   視   庁

その他必須事項が、細かくしかも簡潔に書かれている。
       
喉元すぎれば熱さ忘れる・・・
関連ニュースが日々流れる中でも、遠ざかって行く自分
自身に、良い警告である。

| | コメント (10)

まちのコンシェルジュ&実りの秋

まちのコンシェルジュ ☆自宅を改装 住宅街の店
上記の表題で新聞紙上に3軒のお店の紹介があった。


そのうちの1軒が日野市内の住宅街に店を構える「
花庵ほそ川」と云うおそば屋さんである。
そば好きが高じて食べ歩くうちに、自ら開いたお店で開
業10年になると云う。
「ひきたて、うちたて、ゆでたて」にこだわり、北海道・幌
加内から取り寄せた蕎麦の実を、自宅の石臼でその日
のぶんだけひいて打つ。
20111006 111007_133938 111007_132620
接客は素人っぽくアイソがないが、キリッと冷えたおそ
ばは最高のもてなしであった。
火・水と連休で昼間は11時半から14時まで、夜は予
約のみと余裕の商売のようである。

Iroenpitsu_c2_2  

食後、バス通りのひとかわ裏側を高幡方面へと歩く。
仰ぎ見る宙は真っ青に澄み渡っている。
道すがら、かくも鮮やかで可愛い菊の花を見つける。
111007_141445_2  111007_141424

浅川の河川敷手前で、黄金色の 田んぼに案山子がいく
つか、思わず近寄ってみる。
みのった稲穂の美しさに感激、まわりにしっくり溶け込ん
で日野市内に未だこんな光景もあるのかと!

私は生り物に詳しくないが、この鈴なりの柿は渋柿では
ないかと? それにしてもまさに実りの秋の景色かな。
Photo

| | コメント (12)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »