« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

師走

Xmas寒波の到来で、日本海側は雪や吹雪となり、太
平洋側は晴れるが風がとても冷たい。

わたすげさん宅にお邪魔して、つり雛の「七宝まり」の
仕上げと、来年の干支「たつのおとしご」を作る。
が、これは時間切れで未完。写真は師匠が大島紬で作
った「たつのおとしご」、頂戴したもの。

昼食はちらしずしに温野菜のサラダ、具沢山の澄まし
汁は、薬味のユズの香りが美味しさを倍加する。
お弁当も持参したのだが、総勢5人分, 心尽くしの食事
とデザート、御馳走さまでした。(12/22)
お土産に実家でとれたユズをいただく。今日は冬至、ユ
ズ風呂で温まろう。

RMさんに借りた筆ぐるめのレイアウト&イラスト集で年
賀はがきを作る。
気になっていたので、投函してホット一息つく。
111222_124756 21 111224_0928402

      ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

実は、昨夜年賀はがきを作成中にプリンタのインクがな
くなり、今朝、急きょ立川のビッグカメラへ買いに行く。
久しぶりに立川南口までウオーキング。
多摩川の河川敷を歩きながら風がピリピリ冷たく肌をさ
す。ヾ(;□;)э

暮れの三連休、今日はXmasイブでもある。
師も走る・・・慌ただしさに心せくが、あれもこれもと思い
ながら手つかずと云うわけである。
20111226_3 20111225
111224_1050221 111224_1148443
大きな喪失感をいだきながら、うつろな日々を送ったよう
な~ それにしても過ぎゆく年月の早さをしみじみ思う。
(;ω;)
 

| | コメント (10)

またまた手芸の話題 & イチゴ

年の瀬もせまり、毎日が慌ただしく過ぎて行く。

近くに「ぎゃらりー祥」と云うお店を持っている方から昼食
の御招待をいただく。
最近私がお付き合いさせていただいている手芸仲間5人
で伺う。

じっくり煮込んである「おでんと鶏としじみの炊きご飯のお
むすび」がメインである。
そのほかにも色々心遣いをいただき、大勢分は大変であ
うと感謝する。

ここの展示品は陶器の花瓶その他、手作りの作務衣や小
物、和布などを並べ、また貸しギャラリーもするとのこと~
曰く“暇つぶしのお遊び”と口をそろえる。

お店の構えはお洒落で、当主が細かい手芸が大好きとい
うだけあって、つり雛は男びな女びなに分かれてまとめて
あり、一つ々々が大きめですっきり仕上っている。
Waku22 Shou

七宝まりを5個ほど作ったがやっと要領も呑み込み、まと
めは簡単と 云いながら、慣れない者には大変である。
でも何個も作るうちにノウハウを見つける。これでお仲間
には苦労をかけないで済みそうだ。
22日にWさんの家に5人集まって12のパーツをまり状
にまとめると云う、最後の仕上げをすることになっている。

Hさんから、来年の干支「たつのおとしご」の型紙や布など
総て5人分2種類10個いただく。
今日それに付ける鈴と紐を買ってきてもらう。
111219_160240_2 111218_103411 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Bd_strawberry21_2  12月はイチゴの出荷量が一番多いと云
  われる。
  このイチゴの品種改良はすざましいと聞
  く。
  
わたしたちが良く耳にする、その主な種類だけでもたくさ
んある。
あまおう、紅ほっぺ、とちおとめ、さがほのか、あきひめ、
アイベリー等々。

さくらももいちごは、1粒 630円と云う。sign02
イチゴはバラ科、みんなみんな大好きである。delicious

| | コメント (4)

初冬の景色

天気は良いが風が冷たい。
落ち葉を踏しめながら、多摩平の森(日野市内)を歩く。
辺りはすっかり初冬の景色に変わる。・・・ 
そう云えば、もう12月~当然である。

青空に赤く黄色く色づいたこの葉が散り、とても美しい
風情が広がる。
20111210_2 20111210 111210_135022
食欲の秋、読書の秋、またもの思う季節でもあった。
過ぎ去った秋は短く、これからは本格的な寒さの到
来、この冬の寒い時期は結構長い。

私は「冬の夜」と云う文部省唱歌が好きである。
曲は郷愁を誘い、歌詞は古き良き時代を彷彿とさせる。
http://youtu.be/wf0n0_oo9AI


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


111210_143250
東日本大震災の被災地を思いながらも、街はXmasの
控えめな飾り付けが目にとまる。

師走ともなれば心せくような、年の瀬の変わらぬ思いで
ある。

| | コメント (8)

素敵な手芸品

ブログの更新を、と思っているところにHさんから電話
があり、一緒に「七宝まりを作りましょう」とお誘いをい
ただく。(12/3日 土曜 雨)
R・Mさんが是非作りたいと云っていたものだ。
図々しく夕飯時までお邪魔して教えてもらい、家に帰っ
て仕上げた。
下手ながら、見栄えが良いので嬉しくなる。
これでつり雛仲間に教えられるか、いささか心配だが?
111127_172456_5 111205_121415_2

1_2  111204_190505_3
七宝まりの右下は私が教わりながら作った作品。
左下はランチョンマットやお洒落なタペストリーにもな
りそう。ほそく切った布をランダムにつないだもの。
どんな裁ち布の端でも捨てないでおくと、こう云う時に
役にたつ。
20111205
まりの種類は多く、御殿まりはみやびで豪華絢爛。
まり作りは、布合わせを楽しむようである。この布とこ
の布ではどん感じのまりが出来上るのがしらと。happy01

昨日(12/4日)は青空が素晴らしく爽やか、でも吹く風
はさすがに冷たい。

日野市の福祉バザーで、たくさんの提供品のなかに、
お仲間の手芸品もある。
古い着物や帯などあり、つり雛用に何点も買ったが全
部で数千円とお安い。
111205_120843_2 111205_120946
これは白の木綿に幾何学模様の刺し子がしてある。
使いみちはいろいろ、友達へのプレゼントに買う。

この頃、わたしのまわりの環境は手芸一色である。

| | コメント (8)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »