« 強行軍のバスツアー | トップページ | 金環日食撮影に成功? etc. »

谷根千を歩く

風薫る五月、歩くには最高の季節である。shoe
新緑のなか根岸の子規庵谷中ぎんざ根津神社などをめぐる。

JR鶯谷で下車、司馬遼太郎の「坂の上の雲」でも紹介される根岸
の子規庵へ。

根岸は幸田露伴や岡倉天心、森鴎外ら文人墨客が多く住む風流
で閑静な土地柄で、正岡子規のあこがれの地であった。
加賀藩前田家の下屋敷の長屋に、子規27歳の時、母と妹と共に
移り住む。
        加賀さまを大家に持って梅の花
文人墨客の地、根岸に暮らす子規の喜びと誇りが伝わってくる。
       ・・・スケッチ紀行   記憶の細道より・・・

私はこれを読んだ時、根岸の子規庵に足を運びたいと云う強い願
望を抱く。
子規庵は木造平屋建ての小さな民家で、この日18人の団体客と
一緒になりその狭さとは別に、この時代のつましさが胸に迫る。
壮絶な闘病生活と夭折を思う時、一つの救いは子規自身の心は
満ちたりていたと思う。
母と妹の献身的な看病、友人弟子たちと深く心を通わせていた場
面が沢山出てくる。
ちなみに子規の命日9月19日を、へちま忌と云う。
201205016_3 201205020

201205015_2 201205014_2 201205012_2 201205017_2
有名な根津神社のつつじはすでに終っていた。
由緒ある神社の社殿は立派、沁みるような青葉のなか広い境内
を歩く。
うん十年も前、この近くの高校に通っていたわが夫は、お昼休み
になるとこの神社へ煙草を吸いに来たと云う。
勿論未成年、大勢の悪友とこんな楽しい?時代もあったようだ。

夕やけだんだんを下りたところが「谷中銀座」昔は富士山がよく見
えたそうだ。
谷中銀座は距離は短いが趣のある商店街でメンチカツが有名。
松坂牛や前沢牛が入ったメンチカツを売る店が何軒もあり昼時と
あって、どの店も並んでいる。

東日暮里の「羽二重団子」の創業は古く文政2年?と云う。
きめが細かく羽二重のようなお団子を云う。
行き届いた庭を眺め、落ち着いた店内で抹茶とお団子で一服。

谷中にある江戸千代紙の老舗「いせ辰」 浮世絵師が描いた図柄
もあるそうだ。
見たような三角錐の集合体があって、わたし達は12枚で作るが、
「何枚で作るの」「30枚です」 帰宅していつもの12枚の倍の24
枚で作って見たが形にならず、やっぱり30枚で作るようだ。
近い将来挑戦してみるつもりだ。

120511_140033001 
 
歩数計は12,000歩。
お茶の水駅前のビルの22階でこの景色を見
ながら遅い昼食をいただく。

一緒に行った者の案内も良く、しっかり下調べをして行ったので
楽しさも倍加、この辺りは何回かに分けて歩けばなお楽しい。
(o^-^o)
 





|

« 強行軍のバスツアー | トップページ | 金環日食撮影に成功? etc. »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

谷根千は沢山歩きましたね。東京の下町がまだ残っているところといってもだいぶ変化してきていますね。
お天気がよかったので森林浴を楽しみました。沢山撮った写真はどうしました?

投稿: kazue | 2012年5月15日 (火) 16時30分

>kazue様 こんばんは~

先日はおせわになり、またご馳走さまでした。
私は下書きのつもりで書いていたので、とちゅうを見ていただいた
ようです。(今すぐ公開になっていました。)
実は出かける事が多かったり、整理が大変だったりで時間がかか
ってしまいました。(;ω;)

この間はお天気も良く快適な一日でした。
天侯次第、天と地の差ですね。sweat02

今度薬草園に行くのがとても楽しみです。

投稿: やっこちゃん | 2012年5月16日 (水) 00時01分

谷中ぎんざ!
友人と随分前から行く計画を立てているのですが、
なかなか実行できず、夏までには!と願っています。
もちろん、食べ歩き日記ばかりになりそうですけどね~

投稿: mog | 2012年5月16日 (水) 23時15分

>mogさん こんばんは~

谷中ぎんざがお目当てでしょうか?
夕やけだんだんを下りれば、三丁目の夕日を思わせる鄙びたぎん
ざ通りです。
メンチカツのお店がやけに目につき、それぞれ込みあっていました。
そしてユニークなお店もありました。
あっと云うまにぎんざ通りは終りです。

谷根千さんぽ道の本が溢れていますから上手に回れると思います。

投稿: やっこちゃん | 2012年5月17日 (木) 00時40分

こんにちは~
谷根千という言葉の響き、とてもリズミカルで、それぞれに歴史や人々の生活・文化があって魅力的なところですね。shadow
私も時代劇で、江戸城のお勤めを終えた武士が、根岸に隠居して住んでいるというシーンが印象に残っていて、いつか行ってみたいと思っています。
子規が好きだった、だんごも食べてみたいです。delicious
その時は、やっこちゃんさんのブログを参考に歩いてみたいと思いま~す。

いせ辰の手ぬぐいは買ったことがありますが、江戸千代紙の専門店だったのですね!cute
30枚の折り紙を使って、三角錐の集合体は見事ですね。
12枚でも難しいのに、どんな風に組み合わせていくのでしょうか。

投稿: わたすげ | 2012年5月17日 (木) 14時17分

>わたすげさん こんばんは~

以前、森鴎外の居宅を見学して庭先の一部屋で食事をしたことが
あります。
この辺りは文豪が住んだ街で今でもそんな雰囲気があります。

この頃は歩くに気持のいい季節です。昔の文人のゆかりの地を訪
ねるのも楽しいものです。eye

いせ辰で千代紙買ってきました。とても地厚です。
この千代紙を折るのにあまり乾燥したところでは好ましくないそうで、
いろいろ書いてありました。
あの三角錐30枚で挑戦して物にしてみます。( ̄Д ̄;;

投稿: やっこちゃん | 2012年5月18日 (金) 00時34分

やっこちゃんさん、こんばんわ!

谷根千とは根岸の子規庵、谷中ぎんざ、根津神社の事を言うのですか?
「坂の上の雲」で正岡子規が根岸に住んでたのを知りました。
此処は文豪の方達が集っていたのですね。

根津神社、随分立派な神社なのですね。
谷中ぎんざ、未だ行った事がないのですが、写真から見ると
昭和の色が濃いですね。

いせ辰に素敵な千代紙があるのですね。
30枚で作る三角錐、どのように作るのかしら・・・

投稿: ラッシーママ | 2012年5月18日 (金) 01時11分

>ラッシーママさん  こんにちは~
谷中、根津、千駄木  このエリアをを谷根千といい今も下街風情
が色濃く残る観光スポットです。何回かに分けてつぶさに観てまわ
っても楽しい所です。denim
寺町や有名老舗もあれば、昔からの駄菓子屋もあります。delicious

前回は帰りに湯島天神「湯島の白梅」を見て来ました。
文京区・台東区が谷根千と云われる辺りになります。

今まであまり千代紙など興味がなかったのに面白いものですね。
店に入って一番に目に入りました。eye  
出来るかどうか挑戦してみたいと思っています。

投稿: やっこちゃん | 2012年5月18日 (金) 13時33分

こんにちは~
谷根千は有名な文豪や俳句の人達が住んでいた所なんですね。
私も「坂の上の雲」で正岡子規が根岸に住んでいたことは
本であったり、テレビあったりで知りました。
谷根千辺りは一度も行ったことはありませんが、谷中ぎんざには
一度行って見たいです。

30枚の折り紙を使って三角錐を作るとは見事ですね。
12枚でも難しいのに、どのように組み合わせていくのでしょうか。

投稿: shinabi | 2012年5月20日 (日) 11時04分

>shinabiさま こんばんは~
気持ちの良い日々が続きます~
先日は百均で色々買い物して、石けん作りの支度も出来
上がり、あとは作る楽しみですね。(o^-^o)

谷根千は下町散歩には、とても魅力のあるところです。lovely
是非いらして見て下さい。

30枚で挑戦して成功させてみます。sign02

投稿: やっこちゃん | 2012年5月20日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強行軍のバスツアー | トップページ | 金環日食撮影に成功? etc. »