« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

春まだ浅き

20130126_4
あと一週間もすれば暦の上では立春である。(゚ー゚)

リハビリに通う病院は分倍河原から7分ほど歩く。
途中の植木やさんに咲く黄色く透き通った蝋梅の
花が美しい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

文京区千駄木にある日本医科大付属病院に、年2回通っている。
四谷から地下鉄南北線で東大前下車、この辺りは学校も多いが
お寺も実に多い。

病院の直ぐ近くに「夏目漱石旧居跡」の碑があり、「猫の家」と云わ
れ塀の上を猫(オブジェ)が歩いている。
吾輩は猫である。名前はまだ無い。・・・
この小説を書いた家であり、今はビルになり日本医科大の一部のよ
うで、漱石が住んだ家は明治村に移築されていると云う。
130126_121744001 20130126_7道を隔ててマンションが建つ。

20130126_3_2 20130126_5_2 201301027
そば処「夢境庵 ムキョウアン」は病院前の車道を渡れば目の前。
下町風情ただよう味のある店である。

創業明治36年と老舗の「一炉庵」の桜花は自慢の銘菓、桜餅も
美味しそうでしょう。

歩いているうちに、かの有名な「東大地震研究所」の前を通る。
3・11以降、日本列島何時巨大地震があってもおかしくないと肝
をひやす話題ばかり。
地震予告や一瞬の猶予も許されない津波予告。
この巨大な組織が365日、この中で動いているのかと思うと頭が
下がる。

近くにつつじで有名な「根津神社」もあり、谷根千から続く魅力の
ある散歩コースが沢山ある。shoe

 

| | コメント (6)

歩こう会 & コリアンタウン

あれよあれよと積もってしまった14日の雪は、溶ける前に連日の寒
気で凍てつく。
日野市主催の「歩こう会」はこんな日が続く17日にあった。
京王線・武蔵野台駅に10:30分集合。集まった84人は男性4 :女
性6の割合と聞く。

都立武蔵野の森公園で昼食、展望の丘からプロペラ機(大島、新島、
神津島への離島便)の発着する調布飛行場、野川に沿って武蔵野
の路
深大寺まで8,5Kmを3時間かけて歩く。
これが今日の予定である。

201301019 201301022 201301020_2
調布飛行場が見渡せる武蔵野の森公園は一面広大な芝生公園の
はず。
それが今日は白い雪原が何処までも続く。
展望の丘までは雪が多くあきらめ、ベンチに座ってお弁当を広げる。
日差しはあるのだが、寒々しい。
防災時の水利用を目的とした池もまた大きく、さざ波が揺らぐ。

野川に沿った武蔵野の路は舗装された処もありホットする。
カワセミをキャッチした人もいたが、私はコサギがやっと。

奈良時代に創建された古刹「深大寺」はムクロジの黄色い実が空か
ら屋根に枝垂れ一景である。
深大寺はそば処、お酒、甘酒、おそばなどで一休みする。
昔はこの水車でおそばを挽いていたが、今はとても間にあわないと
店の人が話す。

130117_123839004 130117_124011002
この峰岸家は武蔵野(野川流域)の水車経営農家で、江戸時代か
ら5代に亘って水車経営に携わってきた。
この母屋の庭にある欅とシラカシは三鷹市の保存樹林

この水車は搗き臼、挽き臼など多機能性を持つ大型営業用水車の
代表である。
  
             東京都教育委員会の立看板より

         ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

行ってみたいと思っていた新大久保のコリアンタウンに行く。
この日(18日)は今冬一番の寒さ、足元から身がすくむ。
20130118_2 20130118_3
韓国料理店、韓国製品を扱うスーパー、韓国化粧品店、エステ等々
が、ぎっしりひしめき競争の激しさをものがたる。
よく云えば活気があるが、騒々しい街である。
各店の前に大きく掲げる看板が異常に目たち思わず立ち止まる。
それにしても種類も多く迷いそううな?

右の写真は私達が食べたメニュー。 トッポキもあったっけ。
辛そうに見えて、それほど辛くない、でもやっぱり辛い?
R・Mさんがクーポンで頼んだ店での食事。

| | コメント (6)

ここは未だお正月

正月風情たっぷりの浅草寺界隈の賑やかさは格別。
12日土曜昼下がり好天にも恵まれ、ひと人・人の波、待ち合わせび
とを探すのにも一苦労する。

浅草は今や完全に観光地になったと浅草通の義妹が云う。
その一つに東京スカイツリーがあるだろう。
この日のスカイツリーは青空に聳え、隅田川には白い遊覧船がしぶ
きをあげる。
この辺りでは、吾妻橋から見るスカイツリーが一番ではないか?
130112_140301002 130112_135935_2 130112_191720003


今日は「新春浅草歌舞伎」を観るのが目的。
市川海老蔵の邪気払いの所作 “にらみ” と “勧進帳” など、華やい
だ時を過ごす。

終演の6時は暗いが改めて浅草寺にお参り。
昼間の仲見せは、歩くのも遅々として進まず一旦引き返したが、この
時間も結構混む。
浅草寺のライトアップは寺社前の人並みで写真が撮れず残念。
五重塔が美しい。

食事処まで歩きながら観るスカイツリーは、青く「冬粋」にライトアップ
されていた。
何時も何故かであったが、このを観たのは初めてである。
130112_143418_2 130112_141313002 130112_181641003

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

お雛様の十二単?の衣装に振袖を付ける・・・この作業の為R・Mさ
んが来宅。(1/8)
近くに住む師匠さんと共に難なく出来上がる。豪華で可愛いお雛
様が完成。

季節によって衣替えをすると云うお人形さんがお正月の晴れ着で
やってくる。着物も帯もみんな さんの手作り。

今年初めの手芸作品としてさんの作品のなかから、美しい着物が
衣紋掛けに6枚かかるタペストリーの小品を選んで教えてもらうこと
にする。
130108_145359 130108_163532
この着物になるきれいな和布が選べるかが作品のカギを握りそうだ。art

| | コメント (8)

2013年 始まり

Ani1marus1_3
    本年もよろしくお願いいたします

寝正月をきめ込んだ元旦の遅い朝、ベランダでしばし深呼吸。
見上げる空は青く澄み渡り、常にもなく爽やかで心地良い。
130101_121302001

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お昼すぎ多摩川の河川敷を歩きながら、東光寺グランド(日野市内)
に出る。
お正月の原風景である凧揚げの元気な声を耳に、目線をあげれば、
空高く小さな物体が浮かぶ。“たこたこ上がれ天まであがれ”

時々通る「多摩大橋」の全景が目の前に見える。この橋が出来るま
では名だたる渋滞道路であった。本来の色は赤紫で美しいのだが。
全長何mかは知らぬが、そう短い橋ではないのだが?
この絵を見て、ああ~この辺りは田舎であったと改めて思いなおす。
20130101 130101_142529

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

去年からリハビリに府中まで通っているが、今月一ぱいでOKと云う
御託宣をもらう。(1/5)

帰りに府中市内の「大国魂神社」に初詣、あまり縁のない神社だが、
今年一年が大過なくすごせますように。
たくさんの初詣客で賑あう参道は、ぎっしり屋台が並び、お好み焼き
や焼きそばのソースのにおい、焼きトウモロコシの香ばしいショウユ
のにおい等々が鼻をつく。
130105_150447 130105_150708
府中のシンボル欅の大木が並び、街道すじで(旧甲州街道)古くか
ら栄えた処と肯ける。
「鬼平犯科帳」を思い出し、また読んでみたくなる。

| | コメント (6)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »