« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

花冷え

例年になく早いサクラの開花に慌てたり喜んだり。cherryblossom
でも此処へ来て冬日が戻ったような花冷えにサクラも人さまもびっくり。

130325_114915001去年の7月から9月にかけて特段の暑さのなか「脳
の鍛え方講座」に通う。
これは、少人数のグループで、パソコンや料理、旅
行、ウオーキングなどに取り組むものだが、はじめ
てもう6年になるそうだ。
既に250名の参加者が居り、自主グループも20数組あり、それぞれ
工夫をしながら活動を続けている。

3月25日、きれいにサクラが咲く上記会場で参加者の交流会が開か
れる。
この日はとても寒く、暖房の効いた会場で熱いお茶を飲んでやっと一
息いれる。
70名ほど集まりお茶とお菓子で、活発な意見そして和気あいあいと。

その趣旨は、自主グループの活動が発展し交流を深め何時までも続
けていくことを願う・・・と云うことのようだ。

11時半に散会し、昼食の後仲間と高幡不動尊に寄る。
こんなにサクラがあったのかと境内をまわりながら今更驚く。梅の花も 
未だ美しく、足元にはカタクリの花がうつむく。
仁王門をはじめ文化財建造物が多く、ゆっくり歩けば美しく重厚で見応
えがある。
130325_131659001_3 130325_132004001_3 201303026_5 130325_132156001_2

そのまま、日野駅まで寒いなかを歩く。
椿やこぶしが咲き、庭先でネモフィラが咲きやっぱり季節は春のようだ。
201303027 130325_142925002 
明日から早くも4月、今日の日曜(3/31)も気温は10℃止まりでとても
寒い。












| | コメント (6)

街は一気に春   ジェロントロジー と 手芸

1_6聞きなれない言葉であるが「ジェロントロジー」 とは
高齢化によって起こる様々な変化や問題を解決する
学問で、医学、社会学、心理学、経済学、栄養学を統
合した学問です。近年特にアメリカで発展を遂げてき
ました。
テキストの1ページめにあるのが上記の説明。

 長寿社会を上手に暮らそう! ~あなたらしい生き方みつけよう~
健康長寿
を保つためには、栄養、体力、社会参加の3つの柱が重要。
①バランスの良い食事  ②いつまでもしっかりとした足腰の維持。筋
肉は幾つになっても鍛えられる。 ③仕事・社会奉仕活動・趣味の集ま
りなど、自己啓発、そして生きがいを持つこと。
以上、3週間に亘ってジェロントロジーの基礎学を習った結論である。

急速に進む高齢化社会に行政も力をいれ、このような催しが結構ある。
まだまだ若い人達と数人で参加する。

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

手芸仲間が揃って着物タペストリーに挑戦する。
着物の数は左から8枚・6枚・6枚・2枚・3枚、3枚。3番目が私の拙い
作品で、また3枚であらたに作り始めるが、以外に楽しい作業である。
130318_104230 130322_103609 130322_093256001 201303221

両面折り紙2枚でつばきの小箱を折る。
飴でも入れて小さなプレゼントに如何?
アネモネさんから伝授してもらったが、20分ほどで簡単につくれる。
130322_092957001130322_102935

      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

うらうらとした陽気に誘われ見つけた身近な春。
130323_145255003 130323_153956002_2
130323_145737001_6 201303024_3 201303026_4
サクラが一斉に咲き出し、日照の少ないところでは、5分咲きのようで
初々しい。
この処、寒暖の差が激しく今朝は曇り空でいささか寒い。
寒かった冬が過ぎ春本番、 一年で一番浮き足だって身が軽い。shoe

| | コメント (8)

らん の花 ・ 歩こう会

知人に「らんの花がきれいに咲いたので」とお招きをいただく。
部屋の中の大きな丸テーブルの上にぎっしり鉢が置いてあり、これ
から咲くのもたくさんある。
130313_171409_2002_2 201303014_2 1_2
どれも美しく咲き丹精の程が伺える。
らんの名前は、写真と正確に結びつかないので御勘弁を。

Photo_2

昨日と今日(3/14)の寒暖の激しさにダウンコートをひっぱり出す。
今日の「歩こう会」は桜ケ丘公園
聖跡桜ケ丘駅前10時集合、12時解散予定、歩行距離6K。

大谷戸公園から山の越コースを経て桜ケ丘公園、夕日の丘公園
気楽な気持で歩き出したが、山の越コースで息がはずむ。
登れども登れども続く階段が恨めしい。まるでエンドレスのよう。
曇り日のなか、吹きつける風は冷たく手はかじかむ。
20130313_2 130314_112907002 130314_113554003
まんさくの黄色い花が目につくが春は遠い。
秋に美しく色づくメタセコイヤも天まで伸びながら枯れ木である。
ここはサクラの名所だがもう少し先のよう。
下界は今日明日にも開花の予報が出る。cherryblossom

春はサクラ秋はもみじと何回も来ているが、バスで来ていたので、
この急斜面は知りながら気にも留めず、この辺りに住む人はさぞ
大変であろう。

デパートの食堂街で昼食にうどんを食べてやっと一息つく。

| | コメント (6)

昨日・今日 あれこれ

遅々とした春の足音だったが、一足飛びに春を通りこし、今日の最
高気温は25℃との予報。

国立へ来れば必ず寄るお店を御紹介。ノイ・フランク
1
写真のように味は超一級価格はお手頃、機会があったら是非お試
しあれ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

130302_134822_6
先日、久しぶりに映画を観る。韓国映画「王にな
った男」
歴史から消された王の影武者。彼はただ“民”の
ために生きた・・・

これがあらすじの大筋である。従来の概念からみるとこの物語は異
色である。
沢山の受賞に輝く歴史を変えた映画との評。

朝鮮王朝のドラマは絵的には絢爛豪華、物語はどれも倒すか倒さ
れるかオドロオドロしているのが常なので。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

午前中は「日野市社会福祉協議会高幡事務所」  午後は「中央公民
館高幡台分室」と最寄駅は高幡。食事をしても1時間半の余裕がある
ので、春の陽気に誘われて高幡不動尊へ行く。note

20130306_2_2 130306_125121 20130306
梅の木は数少ないが、黄色のみつまたの花をはじめて観たような。
境内全体に “芽吹きの春”が溢れる。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20130309_2

路傍に春色を見つけシャッターをきる。
三寒四温、来週は寒い日もあるとのこと、北海道と
東北は暴風雪や大雪の恐れ。
卒業式の季節である。

| | コメント (6)

お雛さまを愛でる そして 見頃の梅

「灯りをつけましょうぼんぼりに」 こんなうたを歌った記憶ははるか
遠い。note

日野宿本陣は都内に残る唯一の本陣、新撰組のふるさととも云わ
れ、さすが由緒ある立派な建物である。
ここで「お雛様を愛でる会」の催しがあり、たくさんのお雛様が飾ら
れる。
やんごとなき方々の所蔵か? とにかく歴史を感じる素晴らしいも
のばかり、時間が経つのを忘れる。
130226_133700001 130226_133848 20130226_6
201302028 20130226 201302027
ひな人形の本来の姿は流し雛と云われる。
以前にも此処でお雛様を観て感激した記憶があり今年も来てしま
う。art
つるし雛を作っているので、おおいに参考になり、現在製作中の着
物タペストリーも飾ってあり時間が経つのも忘れる。

201302029
一緒に手芸をしている仲間の手作りお雛さま。
右上はトイレットペーパーの芯で作ったもの。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

130224_125921003家の中に一辺に春が来たような明るい「さくらタペ
ストリー」
これを作りたい一心で国立の大学通りに和布を見
に行く。

先ず、谷保で降り谷保天満宮に寄って梅を見る。まさに満開、そこは
かとなく良い香りが辺りをつつむ。
130228_122029_3 130228_122054_3 130228_122238_3
130228_122119_5 130228_122829_3 130228_121631_3
「合格お礼の絵馬」がたくさん重なりぎっしり詰まっている。
それぞれの喜びが、見る者の心にひしひしと伝わり嬉しいもので
ある。
この日は春うらら、天気予報も3月下旬との予報。国立まで歩き気
持の良いウオーキングになる。shoe

| | コメント (4)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »