« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

彼岸過ぎ そして 手芸

“暑さ寒さも彼岸まで”と言うが、彼岸を過ぎて朝晩めっきり涼しくな
る。(o^-^o)

台風17号で公園のコスモスが倒れて大変と聞いたが、今年のコス
モスは勢いがない。そしてきれいに咲いていた彼岸花も終る。

最近パッチワークを習い始めたが、その教室は七つ塚の「ファーマ
ーズ」のなか。
その道すがら、真っ白な芙蓉の花が咲き、教室の前の車道一つ隔
てた道路沿いに、白いそばの花が一面に広がる。
これらはもう秋の装いである。
20130923_3 130923_140813002_3 130927_161810001_2 201309029_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

130924_103638002_2 130924_104012001_2
左のハスの花は、15cmの折り紙で作る。
花の部分は折り紙4枚、葉は2枚、花芯は4/1枚で折る。
アネモネさんに教わりながら20分位で出来上がる。
右のかざぐるまはリボンが、折角きれいなところを隠してしまうの
で、くるみボタンを中心に付けたらどうか。sign02 (アネモネさん作)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

130927_200235001_3基礎から習い始めたパッチワークも2回目にな
る。ナインパッチとシューフライのコースターが
出来上がってみると、少し楽しくなって来たよう
            な。hairsalon

| | コメント (8)

八ヶ岳高原 他

八ヶ岳高原海ノ口自然郷内に別荘を持つさんのお誘いを受け、
久しぶりに小海線に乗る。(o^-^o)
この日は(9/13~14)最高のお天気で澄んだ空に澄んだ空気、木
々の彩りにもリフレッシュ。
何処を走っても八ヶ岳が見えかくれ、八ヶ岳と並走している。car

20130914_5 20130914_9
朝方部屋のベランダに止まった小鳥「アオジ」。
この自然郷のアプローチ前は「からまつ通り」、道の両側にからま
つ並木が続く。
秋には「八ヶ岳イエロー」と云われる黄金色に染まりそれは美しい。

130914_101718002_3 130914_101744001 20130914_2
この自然郷内には素敵なヒュッテと音楽堂がある。
ヒュッテをバックにみんなが写真を撮る。ホテルとして営業はして
いないが、11時からランチが食べられるようだ。
音楽堂では今晩、「山形由美さん」のフルート演奏がある。 

20130914_10_2 201309015_2
美鈴湖は八ヶ岳の「赤岳・横岳・硫黄岳」が湖面に映り、夜は月も
きれいに映ると云う。
長湖はその季節には、「わかさぎ」釣りが出来る。
湖畔近くの東屋で、さんが車に積んで来たお茶とお菓子で一休
み。近くに「あけび」の実や「キイチゴ属」が生っている。

20130914_3 20130914_4
からまつや白樺林の中に別荘が散在して、隣家はかなり遠い。
入荘中の八千草薫さんを紹介してもらったが、小柄で控え目で勿
論、お美しい。

130914_144348001_8帰りは野辺山駅(JR線最高駅野辺山標高1345m67)近く
で高原野菜を買って電車に乗り込む。

葡萄狩りのシーズンなので電車は混むのを覚悟したが、向
き合って座ることが出来お喋りの間に駅に到着。


        ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

     
          002_2


| | コメント (6)

手芸三昧

秋の夜長に読書と手芸・・・そんな優雅なわけではないが。sign02
9月8日はある高校の文化祭の発表会が立川の小ホールであった。
そのなかで、展示作品のみカメラに収める。
201309011 201309009 130908_132615002
ブリザードフラワーやフルーツカービング(すいかにバラの彫刻)は
素人ばなれの作品で、しばし見とれる。

20130916_2このお洒落な小袋は受付でみんなにくれる。
色はピンクや黄色など。

小さいドットと斜め縞の両面折り紙で折ってあり、
シャツとネクタイの間が袋状になっている。
その中に数字の書いてある小片があり、当たっ
た人に賞品として小さな花の植木鉢が渡る。
心憎い演出である。

10日は、何時もの手芸の会があり銘々針をもったり、出来上がっ
た作品を持ちよったり。
お昼に頂いた「かぼちゃと小豆のいとこ煮」のおいしかったこと。
20130908 130910_130749 130910_130632
左の写真の左上は本当の葡萄の小枝に巨峰とマスカット。
右上はなんとも愛らしい顔のうさぎ。
左下の愛くるしい人形は、前回の人形と同じ作者。
右下はさすがSさんの作る花束、凄いチューリップの数。

ちりめん布で作った花車?はR・Mさんの力作。
“お花畑”と云う布製バッグはアネモネさん作。
花芯は真珠もどきのビーズと、くるみボタン。
どれも見応え充分の佳作ばかり。

12日は日野市七つ塚にある「ファーマーズ」でナインパッチのコ
ースターを教えてもらう。
基本からと仰る先生のお言葉通り至れり尽くせりで、とても親切。
来年の2月まで月2回の講習内容をいただく。
130916_212319001_4季節に応じた簡単で?プレゼントに適したよう
なものばかり、私のような初心者には嬉しい。
作り方の説明書きと材料まで、ワンコインの手
軽さだ。そのご厚意を無にしないように頑張らなくては。

 

| | コメント (8)

震災 & 柿の実・栗の実・くるみの実  

さすがの猛暑も、9月の声とともに凌ぎやすくなる。
昨日(9/6)夕方6時より日野市「ひの煉瓦ホール」にて日野市制50
周年記念東日本大震災支援チャリティコンサートが開かれた。
音響効果抜群のホールで、若さあふれる力強いヴァイオリンとピア
ノの演奏を聴き、場内から万来の拍手を受ける。
130904_215057004 130906_194208002  宮城県気仙沼の離島大島と
日野市との繋がりが強い。
熊谷さんはこの大島に生まれ震災で津波の被害を受け自宅が流さ
れる。今は島に出来た仮設住宅に暮らしている。
島にはいくつもの民話や伝説が伝わっていて、語り部ボランィアをし
ていたと云うだけに震災当時の話は、万感胸にせまる。

この悲惨な事実を忘れかけていたことに反省しきりである。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

130904_172224002_2夕方4時半に家を出て久しぶりに歩く。
雨上がりの畑の土は黒々と美しい。
この建物は中央高速の上にありバラの温室であ
る。空の色も鮮やかだ。

130904_144409001リビングの目の前に名前は知らぬが大きな木が
ある。
そこにきれいな白い花がたくさん咲いている。
アネモネさんいわく、これはつる性の花木テイカ
ズラで茎はつる状で細長く伸び、、そのままでは自立出来ず他の
木の幹にからむと。

130904_144443001 201309005 201309007
柿の実、栗の実、くるみの実、これらは近所で見つけた。
実りの秋には早いが、それぞれにたくさんの実をつけ季節は移っ
ている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日さん宅にお邪魔してこんな可愛い手作り人形を見せて貰う。
作り手は今は亡き人のようだが.。
130905_152823 130905_152853 顔の表情も好いが、後ろ姿
にはペーソスがただよい何とも愛おしい。粗末なザックもよく見る
と凝っている。どうやって魂をふき込むの。sign02

130905_152954 130905_153054 それぞれセーターもオーバ
ーオールも編んで、縫ってイニシアルもつけて。sign03

| | コメント (8)

残暑厳しき昨日・今日

東京の水がめの貯水量が低下している。

まとまった雨量が期待できないので、先日、奥多摩町小河内ダムに
ある「人口降雨施設」を稼働させた。
雨粒の核となる「ヨウ化銀」を燃焼させ、送風機で上空に飛ばして人
工降雨を促すそうだが、全く雲が無ければ降雨効果はないとのこと。
この施設を使うと、雨量が5%アップするとか。・・・rain

最近新聞離れをしていたので、此の記事を興味深く読んだ。w(゚o゚)w
宇宙に行ける時代、こんなことは朝飯まえということか。

20130830_2
近くの公園で盆踊り大会があった。(8/24)
最近は「東京音頭や炭坑節」ばかりではなようだ。
歌の題名は知らないが、聞いたような歌である。

ベンチに座ってしばし踊りを見物。
夜風は涼しく凌ぎよい。

201308301 20130830_5
今月の手芸は、川下りの舟である。
舟はちらしの紙で、船頭とお客は折り紙・千代紙で、棹は楊枝で。
流れに棹さし、のんびり水面を行く船頭さんの舟歌が、今にも聞こ
えて来るようだ。
右は、仲間のKさんが作ったもの。こう云う事がお好きなようで上手。
苦難(九難)猿(去る) これもまた良いものである。

130826_112239002 201308031
ハンカチでようようを作ってのれんにしたもの。さん作(左)
ちりめん生地でラベンダーと千日紅、深紅のバラ。アネモネさん作
どちらもお師匠さんである。

201308035日野の八坂神社裏にある手作りの喫茶店「まあ
」 手作りの手芸品と人形や和布で作ったチョッ
キなどらんだむに無造作に置いてある。
これらは勿論商品である。
多摩平の森「ふれあい会館」で「蘭陀夢」の語りと朗読を聞いた後こ
こでお茶を飲んで一時を過ごす。(8/30)

130827_120009002R・Mさんに今朝もいできたのと云う、ゴーヤをいた
だく。近頃緑のカーテンで、ゴーヤがたくさん作られ
るが、レシピもチャンプルばかりではノウがない。
これはゴーヤの佃煮。大変美味しい。(R。Mさんに
教わったレシピより)

| | コメント (6)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »