« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

狐の嫁入り?(俗称)  手芸

ベランダの下の芝生に狐の嫁入り?の黄色い小花が群生している。
201405191 2140519_150900_edited1_3
「狐の嫁入り」って、空は晴れているのに雨が降る・・・
天気雨のことを云うのだが。よく見ると可愛い花が対になっている。
さんに教えてもらうまで、知らずに見向きをしなかった。


111_1ばらの花ふきの佃煮を頂く。季節のものはきれいで
また美味しい。
近くの中央高速沿いに、薔薇と百合を温室で作ってい
る業者がある。皆さんここへ買いに行く。
山椒がピりッと効いたふきの葉の佃煮は食がすすむ。
まさにサッカーのワールドカップがはじまる季節だ。


20140524_4隔週土曜日の午前中、公園を管理し、清掃するボラン
ティアの人達のお陰で次々に花が咲く。
暑さ寒さとそれなりに広い戸外のボランティアは大変で
あろう。
花の名前は聞くのだが、その場でメモらないと忘れてし
まう。

       
                  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1140523_202331 120140525 1140522_174219
これらは和布(ちりめん)で作ったもの。あさがおと袋はさん作。
目の覚めるような優雅なあさがおで、早朝の清しさを感じる。
右 私は木綿で作ったが、これはちりめんのバイヤスで作ったさん作。
      ちりめんの良さとバイアスのしなやかさで、ふっくら仕上がる。

20140524 20140523
Gパンの片足をほどいて作った小物入れ。 さん作。denim
格好よく使い勝手もよさそう。
右は次回先生に習う。
上蓋はスーちゃんのアップリケ、側面はハートが八つ並んでいる。
見ただけで欲しくなるような可愛らしさ。
こんなにうまく出来るものか? 難しい。

| | コメント (6)

五月晴れ

1140517_100100_5柿の葉の若葉はつややかで、萌える緑が美しい。
紅に染まった柿の葉もすて難い。
柿と云えば実を収穫するが、葉に目をつけることは無か
った。
葉にはビタミンCやポリフェノールが多く、血圧をさげる
効能もあるそうだ。柿の葉のチップやパウダーなどが最
近売り出されている。

1kakinohayoko1_2柿の若葉の天ぷらに塩を少し。
これが美味しく身体にも良いとなれば、是非一度試さな
ければなるまい。


少々風は強いが気持の良い五月晴れである。(5/17日)
近くの公園から七つ塚(日野市内)まで歩く。
バラやクレマチスなど、垣根にきれいに咲く家が並ぶ。
20140517 120140517_2
何処かのバラ園に行ったわけではないが、これだけのバラが咲き誇る。
最近、クレマチス(てっせん))の種類がたくさんあって、形も色も美しく思
わず足を止める。

20140517_3 20140517_4
公園や路傍の花も今が盛りで、5月の空は青くいい季節である。
よく歩く多摩平の森も、この間まで雑木林であったが、すっかり美しい緑
が茂り、木漏れ日の下を歩くのも晴れやかである。 happy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1120140517上は先生の手芸で習ったチューリップのポーチ。
人それぞれ思いおもいのチューリップが出来上る。
下はキルトパターンの一つ、プレイリークイーン
ネットで調べると、“アメリカの中央平原西側に広が
る温帯草原地帯。競馬の馬の名前にもなる”
次回習う予定で楽しみ。

| | コメント (6)

川崎大師 & ジャーマンアイリス

平間寺(ヘイケンジ)とは、通称川崎大師または厄除け弘法大師のこと。
初詣客の多さで3本の指に入ることで知られているが、ついぞ縁がなく
行ったことがない。
811140504_123217 20140504 20140504_3
立川始発の南武線の終点川崎で下車、京急大師線に乗り換え家から
約1時間で到着。
平成19年に開創880年を迎えたと云う由緒ある川崎大師。
誰かに高幡不動或いは深大寺とどう?・・・と聞かれたが比べて良いもの
か分からないが、立派で重厚で、すべてに歴史を感じる。
そして地所も建物も大きい。

10年目ごとの大開帳奉修(赤札授与)の期間で沢山の人出で賑う。
赤札とは、無量の功徳を授かる護符とのこと。
赤札を貰うための人の列が長く続く。
表参道厄除門を入ると参道のにぎにぎしいこと、ここはくずもちが有名で、
とんとこ飴のトントン叩く「切る」音が景気をあおる。

はじめて行った川崎大師から横浜の山下公園に隣接する横浜人形ミュ
ージアムに
行く

20140505_2  あなたと世界をつなぐ ドールワールド

世界の人形3、500点、「赤い靴はいてた女の子」
からはじまって、日本のお雛様から武者人形まで。
フランス人形やアメリカ生まれのセルロイド、素朴な土人形など、とても
興味深く楽しい時間を過ごす。
何処の国の人形も郷土色豊か、その国の文化がが見えるようで、世界
は広く、それぞれの地域の土地柄を伺わせる。(5/4)

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

友人4人で、R・Mさん宅で今が盛りのジャーマンアイリスを見せて頂く。
リフォームして手芸部屋も出来、天井から吊るし雛や壁にタペストリー
など、今までの作品が並び、ちょっと懐かしかったりする。

庭に咲くジャーマンアイリスは彩りよく大輪なので豪華絢爛、カメラにお
さめるのは難しい。
20140507_2 20140507_3 20140507_4
20140507_5 20140507_6 20140507_7

20140507裏庭も花が咲きみだれ、山野草にしては華やかだ。
裏庭もどうして爛漫の花盛り。心豊かな一時を過ごす。

心尽くしの昼食を御馳走になり、花の名前を教えてもらったり、お喋りをし
たり時の経つのを忘れる。(5/7)

| | コメント (6)

次から次へらんの花

同じ住まいの友人さんから、らんの花が美しく咲いたのでとお声がか
かる。
美味しい新茶を御馳走になりながら、見事ならんを見せて頂く。
11140427_112525002_3 111140427_112010_2 11111140427_112536_2
120140427  1120140427_2 さくら前線 只今東北へ北上
右上、下線部分をクリックしていただくと、前回2回分のらんの写真とリンクします。
「古印最中」の記事」のなか。

次から次へときれいに咲くので拙い写真でも見ていただければと思いな
がら。eye

立派な胡蝶蘭はお祝ごとなどによく贈られるが、余りにも見慣れてしまい
整い過ぎた形がよそよそしい。
らんを育てるのは難しいとよくいわれる。どんな苦労があるのか?彼女
は素晴らしい。
部屋の中が明るく、新鮮な空気が快適だ。
私などは門外漢ですべてに疎い。
やっぱりらんは、花の王者にふさわしく美しく絢爛である。

120140502季節は春、歩きながらも沢山の種類の花がそれぞれ
に咲き誇る。鮮やかな新緑と共に暑すぎる春の日差
しがまぶしい。

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

去年から2回の「お試し」があり、この4月から近くの地区センターでスト
レッチ体操
が本格的に始まった。
月2回金曜日の午前中1時間半ほどである。

    操体法
身体は動かしてみて、気持の良い方に動かしていくと楽になる。
楽な方へ楽な方へと身体を動かし、調整していく方法のことを「操体法」
と云う。
11140502_130825_2この方法は、最終的には、自分で動いて直せる体操
である。

| | コメント (6)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »