« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

梅雨本番  紫陽花

よく降るな~と恨めしげに空を見上げれば、今が梅雨本番と聞かされる。
小雨を見はからい、バスで30分ほどの高幡不動尊へ行く。(6/28日)
紫陽花が雨にうたれ重たげ、ちょっとした登り坂にゆるい階段、その両
側に山あじさいの種類が多い。
辺りの緑は雨露を含み色濃く、境内は美しい。

11140628_170512002 Eventya_no28731_2
折りから参道は七夕飾りが賑やか。
どんな願いごとが書いてあるのか、たくさんの短冊が雨にぬれる。
短冊に願い事を書いて笹の立木にさげる・・・
子供の頃からの古風で無邪気なな風習である。

111140628_161220001_4 1140628_163846
20140628_2_2 20140628
20140628_3 20140628_6 120140628_3
小雨降るお寺に紫陽花がよく似合う。
漢字で書くと紫陽花は字面がよく、この花の特徴がよく出ている。
勿論当て字であろう?
似て非なるものが多いが、どれも七色変化の美しさ。
山あじさいは殆どが額あじさい、木札に書かれた名前を見るのも楽しい。
「金平糖」「剣の舞」「ダンスパーティー」など。

梅雨空に白アジサイ 北米産の白いアジサイ「アナベル」の写真が新聞
に載っていたが、たまたま、これを撮ることが出来てラッキー。

高幡山内八十八カ所霊場、小さなお地蔵さんの赤い前垂れが目立つ。
傘をさし、濡れた路上を滑らぬように、またカメラも濡らしたくないし。sweat02
この花は雨にうたれ強い。 雨に紫陽花、まことに風流である。

         

              
             Ribbon160y21_3

11140623_154327001_2 1120140629 1_1
左  色合いの淡い薄手のハンカチで作ったピエロ (さん作)
中  スーのソーイングボックス(さんの完成品)
右  現在習っているソーイングボックス、それぞれ作りかけで、6,3cm
    のの中に入るスーちゃん、余りの小ささに難行苦行・・ヤーメタ。
       (;ω;)

| | コメント (6)

鎌倉 あじさい寺めぐり

梅雨の晴れ間と云うか曇り日に、一晩泊まりで鎌倉のあじさい寺を廻る。
11 1111140610_120614001_2
小田急 片瀬江ノ島駅下車、新江の島水族館へ。(6/9日)
江ノ島を目の前にして、相模湾ゾーンの海洋生物の多様さと、イルカシ
ョースタジアム
クラゲファンタジーホールの三つを選ぶ。
館内は広く、すべてを見るのは大変。
海を見ながらお茶を飲みいっぷくする。

Photo 11140610_115306 120140610_4
11140610_122825 120140610_5_5 1201406101_2 11140610_121922
規模の大きい水族館で充分一日楽しめ、知識欲も満たされる。
年間パスポートを持つリピーターがいるのも頷ける。
相模湾直結の大型水槽では、まいわしの魚群の回遊をみて、海中の魚
の様子を知る。
たくさんの種類のなか、説明で覚えているのはコバンザメエイなど。

イルカの芸は猛練習のたまものであるが、利口で愛嬌たっぷりである。
水着のお兄さん達と一体になって、プールのなかを縦横無尽に泳ぎ、ジ
ャンプして大きな飛沫があがる度、子供達の歓声が上がる。

人類誕生以前に地球上に現れたクラゲ、フワフワと舞う姿は優雅で、形
状、色あいなど多彩で見飽きない不思議な生物である。

江ノ電極楽寺で降りて成就院へ。
120140610_2_2あじさいの咲き具合は八分だが、細い坂道の両側に咲
くあじさいの先は由比ケ浜の海、素晴らしい眺望である。
まさに七色のあじさい、色とりどりである。

極楽寺坂超え行けば/長谷観音の堂近く・・・
この小学唱歌のように坂を下りれば直ぐ長谷観音である。
120140610_2 120140610_3_2 Photo_3
1111140610_150125大勢の人が同じ道を行くので賑やか、道すがらこんな
観音様?を見る。
この辺りはあじさいと観音様、街の様子が伺える。
あじさいは一週間くらい早いように思えるが、薄曇りのなかで咲くあじさい
は雨を含み重たげである。

七里ヶ浜にある鎌倉プリンスホテルに宿をとる。
早くから申し込んであったので良かったが、この時期満室である。
部屋から見る望洋とした海は水平線の境も見えず、空と海が一体で
波間も見えない。食後七時半なのに、暮れなずむ空はたそがれ色で心
地良い風が吹く。

翌日、江ノ電で鎌倉に出、タクシーで北鎌倉の明月院へ行く。
20140611_2 201406111
まだ、明月院ブルーと云える色づきはないが、雨上がりのブルーは美
しい。
庭じゅう青いあじさいが咲き、小路もすべてブルーに染まる。(6/10日)
ここの菖蒲は特別と云うことで、また拝観券を払い本堂後庭園に行く。
花菖蒲と紅葉の見頃のみ特別公開する。
201406111_2 11140611_111929
あじさいはやや早かったようだが、花菖蒲は素晴らしく来て良かったね。
・・・
庭の一隅に沙羅双樹の花が咲いていた。
平家物語「祇園精舎の鐘の声」おごれる者久しからず・・・原文が小さな
木板に書かれ樹の幹に巻いてあった。

北鎌倉から鎌倉まで戻り、小町通りを散策。
相変わらずの雑踏、お目当ての「イワタコーヒー」は定休日。
若宮大路のおそば屋さんで並んで待つ。以前さんに教えて貰った店。
湘南新宿ラインで鎌倉から新宿まで60分、4時半に帰宅する。





















| | コメント (6)

ドレスデンって何? 他

これはさんが作ったもので、 「このパッチワークはドレスデンと云う型
なの」
これを聞いて、思い出したことがある。
正確にはドレスデン プレートと云い、浴衣地や会津木綿、秩父銘仙など
で作る。
1_1 1doredudenn11 ← 化粧箱の蓋になる。
ドレスデンと云えば、富士山が世界遺産に登録された時に話題になった。
2004年に、ドレスデン エルベ渓谷が世界遺産に登録されたが、この渓
谷には、以前よりドレスデン市街の渋滞緩和のため橋を架ける計画があ
った。
ユネスコの世界遺産委員会では、景観に及ぼす影響から世界遺産として
の価値は認められない、云々。
住民投票の結果、橋を架けることになり、世界遺産リストからの抹消が決
議された。
要するに、登録された富士山を世界遺産として維持する為には、如何に
課題が多いかと云うことである

111140606_140636もうだいぶ前にフクロウを頂き、玄関に飾ってあったが、
埃っぽくなる。新しく作ったものと交換する。さん作

1140606_151207_26月1日は格別の暑さであったが、「ひの煉瓦ホール」
で 童謡と唱歌のフェスティバルが開かれ、Uさんが
出演するのでみんなで出かける。
13組、総勢300人の歌声を聞きながら童心にかえる。
誰もが口ずさめて心地良い時間を過ごす。
ふじのやま、故郷、みかんの花咲く丘を会場いっぱい
に全員の歌声が響き、その後散会する。

120140606_2_2ヤギによる除草を行います。
こんな張り紙を見て、そんな現場を見てみたいたいなと
思ったり~。
草刈機で行っていた芝刈りをヤギに食べさせることで、
労力が減り、CO2の排出低減と地球にやさしい新たな
管理法である。近くにある多摩平団地あと。

20140606_2 1_1001 20140606_2_2 20140606_3_2
カメラを持って公園を抜け、近くを一回りする。
あじさいは少し早いようだが、公園の百合、ほたるぶくろなどきれいに咲
く。o(*^▽^*)o
豪雨で大きな被害続出たが、 2~3日の雨でこの辺りは緑が生き返る。












| | コメント (6)

昨日今日 あれこれ

立川駅北口近くの“居酒屋塚田農場”で、気の知れた4人で一杯飲む。
月末の金曜とあってすごい混みよう、女の子の黄色い声が騒々しい。
20140531_3_4 111140530_192325_01_3
八王子・立川と、それ程居酒屋を知っているわけではないが、何処も似
たりよったり、どの店もそれほど特色があるわけではない。
ここは鹿児島県霧島から直送の鳥肉専門店、「新鮮なので、あえてレヤ
ーで焼きました。」・・・ と心憎い。
メニューは豊富、鳥肉の黒焼きが一番美味しいが、少々高い。

20140531_4  1140530_102058
「107歳  生きるならきれいに生きよう!」

嘉納愛子さんの一代記、1センチ位の大きな字でとても読みやすい.。
今の芸大を出た声楽家で、山田耕作の数少ない弟子。
山田耕作のパトロン的存在で、灘の菊正宗の四男嘉納鉄夫氏に嫁ぐ。

先生は金銭感覚がなくてね。お金が入っても自分で使ってしまって、
オーケストラのメンバーに払わないの。
ある時、大阪の公会堂で先生のオーケストラの演奏会があるのに幕
があかない。 御影に親友おるから、お金持ってきてくれと言って、使
いを出
しお金を払ったその親友が夫だったの。

順風満帆の生活を送るが、戦後間もなく11歳の一人息子を亡くすと

う不幸を背負う。

山田耕作にはたくさん歌曲があるけれど、「からたちの花」が一番親しま
れている。が一番難しいとおっしゃる。
今でもプロの歌手に歌を教え、最近増えたテレビ取材など、一層のおし
ゃれが楽しい。
お腹から声を出して歌えば健康に良く、はたから見ると華やかで楽しい
職業のように思われるが・・・?
前向きな姿勢と努力家であることが伺える。

長い人生を生きてきて、毎日感謝感謝の連続なんですよ。
私あんまり苦労してないんです。


印字が大きく楽に読み進めることも併せ、何とも爽やかな読後感を抱く。



1_2キルトの定義を調べると、表地と裏地の間に綿を入
れ、重ねた状態で刺し縫い(キルティング)したもの。

日本では、多色の布を縫い合わせたパッチキルトが主
流。布に綿をはさむ技法や、端布を一枚布に仕立てる
技法など。
ヨーロッパキルトは、寒冷地で発祥したと云われ保温のために布地に
綿をはさんだのが、始まりと云われる。



20140531_2_2◎苦難去る(猿)に座布団を作る。◎アサガオと蕾をガ
ラスの花瓶に入れられるよう蔓を長くしたもの。◎三角
の布を繋げたタペストリーのイメージ、中途作品。◎パ
ソコンのカバー。

| | コメント (6)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »