« 戦国手作り甲冑展 | トップページ | 世田谷美術館に行く »

しみん大学(司馬遼太郎を語る) 他

しみん大学に出かけるため、玄関ホールで1時半に待ち合わせる。(8/22)
連日の猛暑に加え、真昼の太陽の照り返しは想像に絶する。
4人もいるので、会場のふれあい会館までタクシーに乗る。
Kaido_7901講義内容は司馬遼太郎の「街道をゆく」
今日は同行の担当記者がその時々の司馬遼太郎の
写真を見ながら場面説明と状況説明をパワーポイント
で黒板に写しながら進む。

司馬遼太郎の街道をゆくは彼のライフワーク、1巻から全43巻、1971年か
ら1996年まで25年以上週刊朝日に連載される。
共に食事をしたりお酒を飲んだり、仕事を離れた時の会話などから彼の人
柄が浮かびあがり退屈しない2時間である。
国内は勿論、中国、台湾、韓国、モンゴル、スペイン、ポルトガル、オランダ
アメリカ等、凄いエネルギーで回り、常に奥さまのみどりさんが同行する。
熱狂的なファンがいて、男性の姿が目立ち男性の質問が多い。

4時になっても陽が高く仲田の森蚕糸公園の木陰を歩きながら帰途に着く。

2013artfesthumb1_3
20140822_4ここで、明日、明後日は、日野アート
フェスティバル
の催しがあり、会場の
準備に余念がない。
屋台のテント張りや、ダンボールアートなどをフェンスに
くくりつけ、雨に濡れないようビニールで覆ったり。


120140822_2 20140822_3_3 1140822_163553 1140822_163926
子供から大人までダンボールに自由に絵が描かれ、見ていて微笑ましい。
高い木を利用した特大ブランコなども楽しそう。
桑の葉が青空にまぶしく、底が透けて見えるほど澄んだ用水が公園に沿
って流れる。
勢いよく湧水が噴出し、手をかざせばとても冷たい。

|

« 戦国手作り甲冑展 | トップページ | 世田谷美術館に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は~
先週の猛暑から一転、朝晩の涼しい風や、コオロギの鳴く声に、秋の気配を感じるようになりました。
昨日はお世話になりました。
基本のクレージーキルトの作り方を、皆さんと一緒に、Sさんから教えていただき、とても楽しい時間でした。hairsalon

司馬遼太郎さんのファンは多いでしょうね。book
義父も本を沢山持っていたことを思い出します。
司馬さんの身近にいらした方が、人柄やエピソードを交えて、本のお話をしてくださるのは、楽しい講義でしょうね!

仲田の森では、日野アートフェスティバルが行われていたのですね。
ダンボールに自由に絵を描くって、楽しそうですね。
思い思いの絵から、夢と元気がもらえそうな気がします。

勢いのある湧水や水に濡れた石からも、涼しさが伝わりますね。mist

投稿: わたすげ | 2014年8月26日 (火) 21時39分

こんにちは
先日はお世話になりました。また、ご馳走様でした。
お団子美味しかったです。

先週の猛暑から一転して今日は9月の陽気とか温度さが
極端で寒いくらいです。

司馬遼太郎といえば主人も大好きで本がたくさんあります。
また、司馬さんのお友達で推理小説家の三浦浩さんが
主人の保険のお客様で、事あるごとに話をきかされます。

仲田の森公園では日野アートフェスティバルが行われていたのですか、
ダンボールに絵を自由に描く、テレビでも子供たちがダンボールを
使ってテントを作る課題授業をやっていました。子供たちの
間ではダンボールを使って何かをするとゆうことがはよって
いるのかしら?

投稿: shinabi | 2014年8月27日 (水) 14時22分

>わたすげさん  こんばんは~

今日は10月の陽気とはその差が激しいですね。sweat02
この間はお世話さまでした。
すべての作品を完成させ、手際の良さに驚嘆です。(@_@;)

しみん大学はとても楽しく、教材用の冊子も丁寧に作られています。clip
最後の10分は質問時間ですが皆さん結構真剣で、楽しそうです。w(゚o゚)w
司馬遼太郎が好き・・・と云う人は回りでも多いです。heart02

仲田の森は涼しく水辺も沢山あって夏休みの子供達が遊んでいます。
木陰で読書も良いのでは?


投稿: やっこちゃん | 2014年8月28日 (木) 20時07分

>shinabiさん  こんばんは~

今日はお世話になりました。m(_ _)m
世界に一つしかない素敵な手提げが出来そうですね。bag

三浦浩さんと司馬遼太郎さん共にサンケイ新聞に在社していたのです
ね。御主人のお客さんなんて。eye

shinabiさんも日野市民、参加しては如何ですか?book
もしかしてご夫妻で。

アートフェスティバルの準備中に通っただけで、本番の土日は行ってい
ません。
ダンボールアートも、通りすがりのものしか見ていないのですが、どれ
も素敵で、愛らしいものもありました。good
森と云うだけに緑が多くその下の木陰を歩けば、一息つけます。
一度、足を運んでください。shoe

投稿: やっこちゃん | 2014年8月28日 (木) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦国手作り甲冑展 | トップページ | 世田谷美術館に行く »