« しみん大学(司馬遼太郎を語る) 他 | トップページ | クラフト展 その他 »

世田谷美術館に行く

  ボストン美術館 印象派を魅了した日本の
       華麗なるジャポニズム展


世田谷美術館に行く約束をしながら、毎日の猛暑でなかなか実現しない。
やや涼しさを感じるようになった先日、二子玉川駅で待ち合わせ、東急田
園都市線の用賀からバスに乗る。 
この美術館は、広大で緑豊かな砧公園の中にあり、春の季節は園内のサ
クラが一段と美しい。

ボストン美術館所蔵の作品150点が展示される、その魅力もあって大勢の
人で賑あう。
イヤホーンガイドの説明は、人気俳優長谷川博己さん。
ジャポニズム」とは、日本の美術に影響を受けた欧米の美術を云う。
1140824_135414_2 Dscf438911_3 201408292_3
左は展示場入り口を入ると、正面に大きく立ち、
中は歩道のわきに、
右はバスの車体に。そして入場券もこの絵である。

この絵は、クロード・モネの「ラ・ジャポネーズ」着者をまとうカミーユ・モ
ネ」 
これが画題である。 カミーユモネとはモネの奥さん。
1876年作だが、およそ一年の修復を経て色鮮やかによみがえる.。
今回の展示品の御職。勿論モネの「睡蓮」もある。

19世紀から20世紀初頭、西洋では浮世絵をはじめとする日本美術が大
流行、大胆な構図、鮮やかな色彩は西洋の美意識に根本的な改革をも
たらし、ジャポニズムが生まれる。

浮世絵もたくさん展示してあり、歌川広重はモネやゴッホに影響を与え、
広重のこの浮世絵がら、ゴッホはこの絵を描き、モネはこれを描く、と云
うように左右対象に並べて展示してあり、興味深く見る。
印象派と浮世絵の競演である。少々疲れたがじっくり堪能する。

1140824_140232_2

帰路のバス停の後ろに、カラフルな煙突が聳える
のは、世田谷清掃事務所である。
前からあったのだが、きれいに塗り替えたのか、
作り変えたのか?

やっと歩けるような陽気になり、すこし近所をウオーキング。
1 2_2
1140829_151104_4 1140829_145633_2 1140829_150304_2








  


























 

|

« しみん大学(司馬遼太郎を語る) 他 | トップページ | クラフト展 その他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

砧公園の中にあり世田谷美術館があるの初めて知りました。
私は美術館に音痴で滅多に観に行く事もないので、このように
説明してくれるとよく分かります。

クロード・モネさんが奥様の浮世絵を書いてますが、これが歌川広重の浮世絵が影響してるのですね。
ジャポニズムと言う言葉、聴いたような聴かないような・・・

涼しくなりこれからは散策しやすくなりますね。

投稿: ラッシーママ | 2014年9月 1日 (月) 22時45分

今晩は~
以前、世田谷に住んでいた時に、息子が通う幼稚園の遠足が砧公園でした。
広々とした園内を思い出します。
世田谷美術館には入ったことがありませんが、その前を通って、素敵な美術館があるんだなと思いました。

ジャポニズムという言葉、新鮮な響きで、私の中に入ってきます。
モネの奥さんが、日本の着物をきて、扇子や団扇に囲まれているのが、不思議な気がします。
日本の美術は印象派の人たちにも、愛されていたのですね。art

清掃事業所の煙突は時々見かけますが、味気ない物が多い中で、空と一体になったようなデザインが煙突のイメージを変えて、爽やかに感じられますね。

涼しくなって、花も夏から秋へと変わっていくのですね。maple

投稿: わたすげ | 2014年9月 2日 (火) 21時39分

ラッシーママさん  こんにちは~

私用でちょっと忙しくしておりました。お返事遅くなってゴメンナサイ。(^-^;

朝晩はすっかり涼しくなり、快眠出来るようになりました。sleepy

この辺からは交通の便が、いま一つですが、さくらの砧公園は足を伸ば
す価値があります。cherryblossom
昔は馬事公苑もあって、東宝の男優がいっぱい来ていました。drama

色彩豊かで美しい着ものを、背が高くきれいで小顔のモネの奥さんが着
れば、あんなふうになるのですね。w(゚o゚)w
誰が見ても目をみはる華やかな絵でした。notes

歌舞伎と一緒で音声ガイドは良く分かり絵の見かたも変わってきます。
ジャポニズムと云う言葉は「何でも鑑定団」でよく聞きます。


投稿: やっこちゃん | 2014年9月 3日 (水) 12時10分

>わたすげさん こんにちは~

凌ぎやすくなりました。note

世田谷と云えば今でこそ高級住宅地ですが、私は澁谷まで長いこと通
っていましたが、田舎でした。(*^-^)

わたすげさんはあちこち転勤族で、世田谷にも住んでいらしたと伺って
いました。

砧公園は遠足に行くような所だったのですか?denim
緑濃く空気が一段と美味しい広い公園内を、何度か散策したことを覚え
ています。mist

モネの「着ものをまとう・・・ 」 広重の浮世絵美人が、モネの手にかかる
とかくも華麗な絵に変身する、この対象に感動しました。(*^m^)

あの煙突は青空に映えました。思わずシャッター切りました。

投稿: やっこちゃん | 2014年9月 3日 (水) 12時44分

こんにちは
朝晩涼しくなりましたね。

以前テレビでボストン美術館の様子をやっていました。
その時世田谷美術館もやっていましたが、
ジャポニズムという言葉不思議な気がきます。
モネの奥さんが日本の着物を着て扇子、うちわに囲まれて
いるのも不思議ですね。

清掃事業所の煙突がこんなに素敵なものは初めて見ました。

投稿: shinabi | 2014年9月 3日 (水) 15時33分

>shinabiさん こんにちは~ 

朝晩凌ぎやすく、秋の気配が少しばかり感じるようになりました。mist
思えば夏は短いですね。

世田谷美術館は、回りの環境が素晴らしく広大な砧公園の四季折々の
風情も、良いものです。(o^-^o)

今回のように展示するものによっては、大勢の人が華やかな展示物に
寄り集まります。art

青空に突き抜けた煙突が印象的でした。note 

投稿: やっこちゃん | 2014年9月 6日 (土) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しみん大学(司馬遼太郎を語る) 他 | トップページ | クラフト展 その他 »