« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

春よ来い!

一昨日(2/21日)は、家でうろうろしているのが勿体ないような上天気。
そうだ ~~ 久しぶりに昭和記念公園を歩いてみよう。
早めの昼食を済ませ正午に家を出る。
120150221_2 20150221_5 20150221_6
公園内の梅園は、ちょうど見頃、辺りが紅く染まり素晴らしい香りに包ま
れる。
春の空は明るく陽光がまぶしい。

20150221_4 1201502024_2
黄色いマンサクサンシュの花も見頃をむかえる。、マンサクの花は独
特の形をしており、紙細工で細く折って伸ばして折り曲げて。

20150221 1201502022
立川西口から入り最初に見たのが、鮮やかに黄色いヨウズイセン
春の花は黄色が多いと云われるが目が覚めるような色彩だ。
そこここにうつ向いて咲くスノードロップは、白い小花が可憐で恥ずかし
げ。(*゚ー゚*)

花木園で一休み、クリスマスローズを見つけるが花数が少ない。
120150221_2 1120150221_3
枯れ草の中からタンポポより小さい黄色の花を見つける。
地面に寝そべるようにしてシャッターをきる。
かたわらの白板に冬しらずと黒く書かれる。良い名前である。

Photo足元の福寿草を見ながら、2時間ほど歩く。shoe
梅園の梅が美しくまさに見頃。
もう直ぐ弥生三月、暦の上の雨水も過ぎ今年の東京の
雪は少なかったようだ。sign02

| | コメント (6)

市民大学 & 日野宿本陣

Itaria_3近頃、ひの市民大学へは無欠席で通っている。
何故って・・・今受けている講義がとても面白いのであ
る。(o^-^o)
  
左は例の長靴、イタリアの地図である。

      

 ヨーロッパ歴史散歩
                         「ナポリを見て死ね」
                   ~ナポリを中心とした南イタリアの歴史~  

             「ナポレオンのイタリア遠征」
     ~フランス革命、ナポレオン戦争下のイタリアの歴史~


上記の命題でパワーポイントの画像と共に授業が進む。
コルシカ島(ジェノヴァ共和国)をフランスに売却(1768年)
その翌年フランス領コルシカ島にナポレオン誕生。

当時のイタリアはオーストリア、イギリス、フランス、スペインなどの侵略
を受け国の体をなしていなかった・・・。


20150215 201502152
市民大学はふれあい会館の2階が会場、
ここまで片道25分歩く。薬王寺の境内に咲く梅、道すうがらの梅。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お雛様が飾ってあるかと日野宿本陣に立ち寄るが、未だ少し早かった
ようである。
120150215_2 11150215_132805_2 20150215_4_2
都内に残る唯一の本陣建築である。
日野宿本陣は嘉永二年(1849年)の大火で古くからの主屋は焼失、
現存する建物は佐藤彦五郎が建てたもの。

重厚で細部にわたり凝った造作、らん間の透かし彫り、釘隠しの工夫、
ふすまに書かれた漢詩の力強い墨跡。
扁額の“乃武乃文”  スナワチブスナワチブン  天子の徳を褒める語。
四書と云えば、大学、中庸、論語に孟子、また中高生時代は杜甫や李
白など漢詩が好きだった。 
 国破れて山河あり 城春にして草木深し・・・(ρ_;)

1150215_141722_3これは襖に書かれた漢詩、
右の漢詩の意味 (解説より)
芳原緑野 ほしいままに行く時  春遥山に入ればみど
り四囲たり 。

1150215_132914
この甲冑、モダンで本来の役目が果たせるのか。sign02
目が覚めるような水色が印象に残る。上に羽織って
いるのはボレロのよう?












 

 

 
  

| | コメント (6)

街歩き 他

なんとなく春の気配を感じながら街を歩く。(o^-^o)

20150204_3一年半ほど前に焼失した普門寺と云うお寺である。
未だ再建はなっていないが、風情のあるお寺で毎
年、枝垂れ紅梅が美しく咲く。
見上げると沢山の蕾がふくらんでいる。(右)
もう少しの辛抱だ。

20150204_3_2ここも良く歩く道で、とんがらし地蔵を見ながら、そ
ばにある無人の屋台で100円を小箱にいれ、青
菜や大根や、時節にはとまとを買ったり。

20150204_2_3七つ塚のファーマーズで日替わりランチを食べる。
今日はさんのお嬢さんが受け持ちで、さんとH
さんのお孫さん(小学四年の女の子)と3人で。
今日のメニューは、揚げ鶏のネギソース、おからのサラダ、野菜スープ
菜の花のおひたし。
久しぶりで美味しく頂き、食後にコーヒーを飲む。
ここで手芸を習っている頃もお昼の献立が楽しみであった。

Iroenpitsu_b21_2


今年未だ先生の手芸には、風邪のため一度も主席していない。
スーちゃんのソーイングボックスである。
やっとスーちゃんが出来上がったばかり。(上段右)
120150204_2 20150204_4
Hさん作のバッグ、前回から見ると格段の出来映え。
学習のあとが見られる。これなら作ってみようかな?とiいう意欲が湧く。
なあんて・・・彼女に怒られちゃう?

| | コメント (6)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »