« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

新緑の候

1120150425_2_4 1150425_173142001_3 1150425_172256_3
若葉が目に沁みる・・・気持の良い季節がやって来る。。
木漏れ日の森の中を大きく深呼吸をしながら何回か往復する。
グループで歩いたり犬を連れたり、これぞ歩行者天国。

この多摩平の森が位地する日野台地は、一万年以上前から人類が住
んでいたと云われる。
縄文時代には、竪穴式住居の集落が出来、土を焼き土器が作られ、多
摩平の森では、この頃の土器が発掘されている。
日野台地は18世紀の初め頃まで高倉原と呼ばれる大草原で、江戸時
代には幕府の鷹狩が行われていた。
明治時代、八王子の絹織物を支える一面の桑畑が広がる。
     (多摩平森の歴史より)

20150425_3_6 _1_4
近くの公園の藤の花が咲き出した。
今日再びこの藤を見るとやや大きくなり藤色が濃くなってきたよう。


  
1_1_3マンションのベランダから可愛い鯉のぼりが空へ。
もう明日からは5月。青空に泳ぐ鯉は元気で美しい。

手芸でもこの時期になると鯉のぼりのタペストリー
を作る。

  
   
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

さんにオレンジピールのレシピをもらう。これなら私にも出来る。
乾燥は全部電子レンジがやってくれる。
1150425_200559_2甘くてオレンジの味と香りが口に広がる。
ヨーグルトのトッピングも良し。
生地にこのピールを混ぜ込んでパンを焼くと
云うさん、これは美味しそうだ。

 

| | コメント (6)

満開のチューリップ

1150416_101723春うらら~
近くの小構公園チューリップが今満開で美しい。

1150416_101650 20150416_2_2 150416_101235 201504163
ボランティアでこの公園を管理・奉仕するさんは自慢顔、毎日数回見
に来るとの話し。
拙い写真だが、百聞は一見にしかず。

1150416_101514 920150416_3 1201504161_3
公園内にはアイリス、シラーペルビアナ、はなにらなど、去年も咲いて
いたっけ。  (*´σー`)

11150416_141248_2
公園の前にかりんの花が咲いている。
梢に薄いピンクの小花をたくさん付けている。
望遠で撮ると、かくも美しく可愛い花である。


先日の土曜は90歳で亡くなった叔母の7回忌。
201504162多磨霊園から吉祥寺に向かう車窓から見るハナ
ミズキ。


芽吹き花咲くこの時期、街路のハナミズキの赤と白が目をひく。
サクラが終れば約束したようにこの花が街を彩る。
こんなに美しい光景を見ると、改めてハナミズキを見なおす。

一年中で一番良い時期、香しく春爛漫

| | コメント (7)

スカイツリーと東京タワーとサクラ

150331_11431212時10分浅草吾妻橋で集合。(3/31)
サクラの下で乗船の点呼、堤防のサクラはまさに満
開、うらうらとした春の日差しが川面に光る。
対岸のサクラ並木其の後ろに東京スカイツリーが聳
える。upwardright

吾妻橋から浜離宮まで、約40分の隅田川水上クルーズ、浜離宮
おむすび弁当、、その後バスで増上寺そして目黒川のサクラ、ここで
解散。・・・これが今日のスケジュール。
1201503033_2 20150331_4
大川の名称で親しまれるだけあって隅田川は何処までも大きい。
両岸に続くサクラ並木を船内から眺める。
「江戸の潮風そよぐ浜御殿」と呼ばれる浜離宮、正式名は「浜離宮恩賜
公園

徳川将軍家の鴨場、その威光が随所に伺える至れり尽くせりの庭園で
ある。
花畑はピンクの桃の花が美しい。ボタンの時期 コスモスの咲く頃は特別
の素晴らしさ。
庭園の周りは高層ビルが建ち並び、当時考えられなかった後景であろう。

1201503311_2芝増上寺は徳川家の霊廟所(菩提寺)。
東京タワーの真下に位地し、サクラはまさに見頃。
History_photo_041派手なお地蔵さんが沢山並ぶ。
一体何体あるのか?

1201503032 120150331_3
バスで増上寺に着いた頃は沢山の人出、陽気は暖かく境内にサクラの
木も多い。

20150331_2 20150331 目黒川に着いた頃は日暮れも近い。
昨日は目黒から中目黒まで、今宵は中目黒から池尻・大橋方面へ。
こちらは澁谷にも近く、川の両サイドに俄か仕立ての飲食店やブティック
が並び、若者が目立ち賑やかだ。
この日はスカイツリーも東京タワーもマジカで見る事が出来た。。

サクラ前線は既に東北に北上しているのに、今頃こんな記事を載せて、
大変恐縮。
書きかけたまま3日ほど緊急入院してしまったので。(;ω;)

 :;;+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

120150329_3 11150326_140908002_2 ハウスとベヤーボウのパターン他。

| | コメント (6)

目黒川 桜まつり 他

この日しかないと云う絶好のお花見日和に目黒川のサクラを見る。(3/30)
先ず東急目黒線不動駅下車、目黒不動尊 龍泉寺へ。
20150330 120150330_2 1150330_115005
大本堂が立派なこと、そしてサクラのみごとなこと。cherryblossom
天台宗の寺院で、日本三大不動の一つ。
重厚で色鮮やかで美しく絢爛、思わす見とれるただずまい。

1150401_113543002次いで、天恩山五百羅漢寺
江戸本所に建立された由緒ある名刹で八代将軍徳川
吉宗などの援助を得て繁栄を誇り、本所のらかんさん
として江戸の人々から親しまれてきた。しかし明治維新
以来、寺運は衰退し、明治四一年に目黒に移ってからもやっと雨露を凌ぐ
ほどの状態が続く。
昭和五十四年、由緒ある羅漢さんを救うべく日高宗敏貫主によって再建、
多くの苦難を乗り越えて五十六年、現在の近代的な御堂が完成し、名実
ともに目黒の羅漢さんとして蘇る、  (縁起より)
この縁起も読むと興見深い。
姿、形、お顔までそれぞれ全部異なり、現存するものは三百五体、木彫り
の板目の痛みや剥がれが時の流れを感じるが、辺りを圧倒するほどの偉
容である。

昼食は通りがかりの、おそば屋さんに入るが、これがとても美味しくみんな
感激する。delicious

いよいよ目黒川のサクラを見るべく、目黒駅近くまで歩く。
サクラは川沿いに延々と続き、この川を上流に行くか下流に行くか相談。
結局、中目黒の方へ川沿いのサクラを追いながら歩く。
11150330_134457 150330_134654 150330_134615_2
今年の東京のサクラは今日・明日が見頃との予報。
初々しく咲き誇る姿は、青い空に映えわたり日本人がサクラを愛でる所以
であろうか。
1150330_140718_3 1150330_142048_3 1150330_142141_2
川幅はせまくサクラのトンネルが続く。
川面に伸びるサクラが両側から重なるような所もある。
川の両側はおびただしいマンション群が並ぶ。

春蘭漫季節よし、気が付けば歩数計は1万4千歩、友人7人でサクラを満
喫、心地よい疲れと共に楽しい1日を過ごす。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

120150329これはさん宅のベランダガーデンの花達。
以前、南多摩高校の同窓会に行った時、景品でカラ
ンコ
の鉢が当たる。これが植え替えてこんなに大き
くなったそうだ。

11150329_120038_5 室内に咲く立木ベゴニア













| | コメント (6)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »