« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

川めぐり と 金魚の涼

この日はこの間までの暑さが嘘のような涼しさで雨が降りそうで降らない
・・・そんな日であった。(8/25)
アートアクアリューム 2015 江戸・金魚の涼     
を見に友人等4人でコレド室町へ行く。
せっかく日本橋まで行くのだから川めぐり(神田川、日本橋川、墨田川)を
楽しもうと云うことになる。
船は日本橋の真下から出て一時間ほどで戻って来る。
三つの川に架かる沢山の橋、車が通り人が歩く橋、古い橋、美しい橋、懐
かしい地名の橋など、その下を川風に吹かれながらくぐる。
橋桁がいっぱいで思わず首をすくめる、そんなこ必要はないのだが。
120150825_3大川と云われる隅田川はさすがに川幅が広く、林立する
ビル群、景色も雄大だ。
この川めぐりはついこの間行ったばかり。




日本橋高島屋で昼食とコーヒー。
三越前まで戻り、超満員の金魚の会場にビックリ。
11150825_180714 1150825_181558
金魚と云っても美しいアートの世界が広がる。

20150825_3 20150825_5 1150825_152806
20150825_2_4 201508252 20150825_6
1150825_144910 1150825_145831 1150825_145929 1150825_145453
どの水槽も金魚同志がぶつかりそうになるほど超満員だ。
暗い会場の天井からの照明により水槽全体の色が変化する。
金魚の種類は多いようだが出目金の目があんなに飛び出しているのを
つぶさに目にして驚く。
このような金魚の演出に見とれて先に進むうち、何時の間にか出口だ。

楽しい一日を過ごす。 東京駅まで歩き、始発に乗って坐って帰る。sign03

| | コメント (6)

朝晩 秋の気配

 
Pics31291
猛暑の日々が続いたが、朝晩ようよう凌ぎやすくなる。
早くも来年の干支が話題になる。
ちょっと早いのでは? 否丁度良いのよ・・・と。


 

11150822_164750_2 1150824_122946_2
左・・・手芸教室でリーダーのさんがこのような申を作ったからと。
可愛らしい猿回しの猿である。
右・・・”見ざる、聞かざる、云わざる” さんがキットを買って作る。

来年の干支である。つい此の間を作った気がするが、季節は巡る。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

:

111150731_234304 20150822
一昨夜、小構公園で町内の盆踊りがあった。
空に半月が輝き、涼風が園内を心地良く吹きぬける。

舞台で音頭に合わせて踊って居いる人達は揃いのはっぴを着て汗ビッ
ショリ。
流れて来る踊りの曲は・・・長生きサンバ  交通安全音頭  血液ガタ
ガタ
等々
何とも、時代を反映・風刺、思わず苦笑する。

最後に抽選会で一等が電気湯沸かし器、、その他お米5キロなど、はず
れは市指定のごみ袋。
主催する方も大変だが、こんなお祭りもだんだん減ってきているようだ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

20150822_2夏つばきは別名沙羅と云う。(右下)
さんが作った夏バージョンのつるし雛の中に
夏つばきがあったが、なかなか美しい。
つばきのキーホールダーと夏の装いの和菓子
の表装。さんに頂く。今夜は急に涼しくなって来たが。w(゚o゚)w

| | コメント (4)

暦の上では立秋

111150808_220846_2日は暦の上では立秋。
蝉にも種類がたくさんあるようだがミンミンミンと賑や
かに激しく蝉の声。
連日の猛暑に心身共に辟易する。
暦の上で立秋が過ぎたなら、少しずつ凌ぎやすくなる
のでは。( ^ω^ )

       ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20150809_2 150809_064039
朝顔と云えば夏休みのイメージ、小学校低学年の頃、夏休みの宿題は
朝顔の絵日記だった。
そんな記憶と共に朝顔は幼い頃の郷愁を誘い、良き時代であったと懐
かしむ。(ρ_;)

20150809左上・・・日光街道、武州千住宿喜田家と云う老舗
和菓子屋のお菓子。
千住宿は池波正太郎の世界だ。
涼しげな朝顔の絵図。
夕方になって、しぼんだ朝顔をほおずきのように口にくわえてなりもし
ないのにふくらませたものだった。o(*^▽^*)o

1201508091今、美しく咲く芙蓉を見かける。
朝に咲き午後にはしぼんでしまう一日花。
庭木になればむくげ、ハワイの花ハイビスカスも同
種と云う。
咲きみだれる様はあざやかである。

| | コメント (6)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »