« 暦の上では立秋 | トップページ | 川めぐり と 金魚の涼 »

朝晩 秋の気配

 
Pics31291
猛暑の日々が続いたが、朝晩ようよう凌ぎやすくなる。
早くも来年の干支が話題になる。
ちょっと早いのでは? 否丁度良いのよ・・・と。


 

11150822_164750_2 1150824_122946_2
左・・・手芸教室でリーダーのさんがこのような申を作ったからと。
可愛らしい猿回しの猿である。
右・・・”見ざる、聞かざる、云わざる” さんがキットを買って作る。

来年の干支である。つい此の間を作った気がするが、季節は巡る。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

:

111150731_234304 20150822
一昨夜、小構公園で町内の盆踊りがあった。
空に半月が輝き、涼風が園内を心地良く吹きぬける。

舞台で音頭に合わせて踊って居いる人達は揃いのはっぴを着て汗ビッ
ショリ。
流れて来る踊りの曲は・・・長生きサンバ  交通安全音頭  血液ガタ
ガタ
等々
何とも、時代を反映・風刺、思わず苦笑する。

最後に抽選会で一等が電気湯沸かし器、、その他お米5キロなど、はず
れは市指定のごみ袋。
主催する方も大変だが、こんなお祭りもだんだん減ってきているようだ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

20150822_2夏つばきは別名沙羅と云う。(右下)
さんが作った夏バージョンのつるし雛の中に
夏つばきがあったが、なかなか美しい。
つばきのキーホールダーと夏の装いの和菓子
の表装。さんに頂く。今夜は急に涼しくなって来たが。w(゚o゚)w

|

« 暦の上では立秋 | トップページ | 川めぐり と 金魚の涼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日はお世話様でした。
今日は涼しくて下着まで着ました。
早くも来年の干支の申のキッド作るようになり、季節の流れは速いです。

先週、町内会の盆踊りの所、多かったようです。
昨日、手芸教室に行くだけでも2箇所も見ました。
小構公園でも夏祭りがあったのですね。
昨日、お神輿などが未だ置いてありましたものね。
抽選会もあったのですね。

そう言えば我が町内のお祭りも昔は抽選会がありましたが
何時ごろから止めたのか、今は遣ってないですね。
役員さんのご苦労があって成り立つのですね。

投稿: ラッシーママ | 2015年8月25日 (火) 12時34分

昨日はお世話になりました。
8月はじめにカテーテル治療を終えられて、お元気になられたやっこちゃんさんにお会い出来て、嬉しく思いました。


手芸の会で、可愛らしいお猿さんが並んでいるのを見て、はじめて来年の干支に気がつきました。
もうすぐ9月ですものね。季節が巡るのが本当に速いです。

地域のお祭り、盆踊りが小構公園で行われていて、毎年楽しみですね。
血液ガタガタの踊りってどんな動きなんでしょう?run
想像するだけでも楽しそうです。
地域のお祭りを続けていくのは、準備など大変なこともあるでしょうね。
私が住む自治会でも、引っ越してきた頃は夏に公園で親睦会をしていたのですが、子供達も大きくなり、いつの間にか無くなってしまいました。

赤い椿のキーホルダー、花びらも花芯の布もぴったりで、素敵だなぁと思いました。shine

投稿: わたすげ | 2015年8月25日 (火) 18時44分

>ラッシーママさん こんばんは~

あの暑い夏は何処へいったのでしょうか。w(゚o゚)w
まだ八月だと云うのに昨日・今日は寒いくらいです。

日々めまぐるしく過ぎていき、まさに光陰矢のごとし・・・dash

お祭りのおどりが様変わり、東京音頭や炭坑節ではないのです。
踊りの振りは変わってないようです。
それにしても子供の参加が少なくなりました。sweat02

投稿: やっこちゃん | 2015年8月28日 (金) 18時17分

>わたすげさん  こんばんは~

今頃は輪島で楽しい時をお過ごしでしょうか。(゚m゚*)

わたすげさんは手芸の進行が早いのでびっくり、結構時間をさいていま
すね。good

私の身体を御心配いただき有難うございます。母上と余り年の差はあり
ません。
最近年相応の衰えを感じます。sweat02

干支としての猿は茶目家があって可愛いのが出来上がりそうですね。secret

盆踊りも子どもの参加が少なく、ほんとに淋しくなります。
主催者の御苦労がひしひしと感じられます。coldsweats02

投稿: やっこちゃん | 2015年8月28日 (金) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暦の上では立秋 | トップページ | 川めぐり と 金魚の涼 »