« 川めぐり と 金魚の涼 | トップページ | 秋の彼岸 他 »

F先生の手芸教室が終る ほか

20150905_3本格的なキルト(手芸)を先生に教わって二年
が経つ。それが、今年一杯で終るのが残念でさ
びしい。(;ω;)
ようようキルトの基本、ピーシング、キルティングの意味が分かったところ。
右上はイギリス王室のバラの図案でクッションカバーを作り、クッションに
仕上げる。
左はフクロウで、使う布次第でいかようにもなり、ペレットをしっかり入れて
いるので坐りが良い。
右下は先日、日本橋老舗の紙やはいばらで買った千代紙で作る。
中にビニール袋と閉じ紐が入っていている携帯用小物。(さん作)

1111150905_141837 20150905_2
墓参の帰り、吉祥寺井の頭公園に面したフランス料理「芙葉亭」で昼食。
建物も中のダイニングもお洒落、お料理も美味しく値段はリーゾナブル。

食後井の頭公園を散策。沢山の若者が集い土曜日の園内は賑やか。
私のような者には騒々しいが、今や完全に若者の街になる。

120150905_5Hさんの御主人の北陸土産で美味しい和菓子を頂く。
これを持ちよって、Mさん宅で御抹茶を御馳走になる。
抹茶碗は野々村仁清のやなぎ茶碗。
心もちと云うお菓子は上品で、巻いた求肥の上には金沢
らしく金粉がのる。

1150906_104750この頃のお天気で野菜が高騰している。
高源トマトは形も色も味も美味しい。

ウインナソーセージ、キャベツ、人参、そしてトマトを一緒
に煮込むと美味しいスープが出来る。

|

« 川めぐり と 金魚の涼 | トップページ | 秋の彼岸 他 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もF先生が今年一杯で止めると聴いて残念に思っています。
あれほど嫌いだったキルトが少しづつ完成して、出来上がった作品を見るのが楽しみになってましたので・・・

やっこちゃんはクッションカバー2枚も作ったのですね。
可愛いのが出来ましたね。
フクロウは何度も作ってますが、↑のように厚地の生地で作ると、又面白いですし
携帯小物入れも面白いですね。
私も14日に行った時に教えて貰いましょう。

「芙葉亭」のフランス料理、美味しそうですね。
以前、吉祥寺井の頭公園に遊びに行った事を思い出しました。

北陸の和菓子は有名ですし見るからに高級そう・・・
その和菓子を抹茶で戴いて、至福の時を過ごしましたね。

10日(木)は何を作るんでしたか?

投稿: ラッシーママ | 2015年9月 8日 (火) 15時51分

今晩は~
明日は台風18号が日本に上陸しそうで、強い雨風が心配ですね。typhoon
色々素敵な作品を作られていたF先生の手芸教室は今年一杯で終わるのですね。残念ですね。

クッションカバーが仕上がって、中にクッションが入ると、本当に素敵ですね。イギリス王室のバラはカラフルで、形もどこか品があり、使うのが楽しみですね。chair
携帯用の小物入れは以前、友達からいただき、車の中に入れておいて、重宝しました。
日本橋で買われた千代紙も綺麗ですね。

金沢の美味しい和菓子と仁清の素敵な抹茶碗でいただくお茶タイム。心豊かな時間ですね。delicious

私もお店や生協でミックスミニトマトを見つけると、つい買いたくなります。トマトは大好きで・・・
今度スープにして味わってみます。

投稿: わたすげ | 2015年9月 8日 (火) 21時33分

>ラッシーママさん  こんにちは~

河川の決壊、氾濫をTVで目の当たりにしましたが、恐いものですね。
被害の甚大さに胸が痛みます。

長い月日のうちには、そのまま疎遠になって行くものですが手芸のお陰
で、未だに皆さんとお付き合いが出来て幸せです。lovely
手を動かし口を動かし脳トレにもなっています。good

ラッシーママさんが沢山の作品を作られるのを見て、貴方の長所を再認
識しました。(^-^;

この間、色々作りましたが、このクッションは活用しそうです。note

投稿: やっこちゃん | 2015年9月11日 (金) 15時36分

>わたすげさん  こんにちは~

久しぶりに太陽を見ましたが、初秋の気配を感じるようになりました。sun
濁流の勢いは激しく凄く恐いようです。typhoon

教えて頂いたことが、少しづつ身に着いたように思い、今更ながら感謝
しています。m(_ _)m
クッション完成すると以外に素敵でしょ。
わたんどさんのも良いのが出来ますよ。impact

美味しい和菓子があると、時々御茶を御馳走になります。
御作法は分かりませんが良い時間です。good
金沢はお菓子処としても有名ですね。

投稿: やっこちゃん | 2015年9月11日 (金) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川めぐり と 金魚の涼 | トップページ | 秋の彼岸 他 »