« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

晩秋の昭和記念公園

この日、風は冷たかったが飛びきりの上天気[11/27日)、義弟夫妻と立川
で天ぷらを食べながら昼食を共にした。

昭和記念公園のイチョウの盛りは過ぎていたが、青空に誘われて久しぶり
に歩いて見る。
201511271_3 201511271_2_2
イチョウ並木は殆ど落葉し美しいじゅうたんとなっていたが、それでも黄色
い葉っぱが太陽にまぶしい。
106本と云われるイチョウ並木は整然と等間隔に林立する。

花木園を過ぎて日本庭園まで歩きながら、今、この公園で一番咲き誇って
いるのが、さざんかの花。
つやのある濃緑の葉っぱのなかに、ひと際紅い花が鮮やか。

今年のもみじは今一つと云うが、日本庭園に来てそれを実感する。
ここで抹茶を頂くつもりであったが、残念ながら呈茶時間は15時で終ってい
た。(ρ_;)

1151127_153526 11151127_152942_2
真っ赤なハナミズキの実がこぼれ落ちそうにたわわに群れる。
ハナミズキの実がこれほど赤く美しいと、はじめて知る。
見事に紅葉したハナミズキは、街路樹として最近良く見かけるが、こんな
実を見るのははじめてである。

高い所にぼけの花が咲き、拡大するとなかなか可愛い。
近くに寄るとバラ科木瓜(ぼけ)と書いてあり、春に咲くイメージを持って
いたがsign02

1151127_164911 1151127_172056001
日が短くなり北風を受けながら立川口までパークトレーンの本日の最終
便に乗る。

大勢のカメラマンが身がまえているこの場所は富士山のビユーポイント
以前R・Mさん達とⅩマスイルミネーションを見にきた時も、ここで撮影し
た記憶がある。

立川駅近くで今年はじめてⅩマスのイルミネーションを見る。
かなり控えめだ。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20151126_4先生の直近の作品ポシェット
それぞれの色使いで個性的である。



    







| | コメント (4)

青空に皇帝ダリア

昨日は、雨のなかお茶の水のホテルじゅらくで小学校のクラス会が開か
れる。(11/14日)
14枚の往復はがきを出して7人の出席者、世話人である私はホッとする。
卒業して70年近く、昔と変わらぬ元気な顔が揃い懐かしさも一入である。


一週間位前から近くの公園の皇帝ダリアがたくさんの花を咲かせる。
1151112_134916_2さんから青空のもととてもきれいだからちょっと出
てこないと・・・テレがある。
抜けるような青空のもとスックと伸びる其の先に美し
くピンクの大輪が咲きみだれる。
去年より今年と年々増えている。

20151112_2 20151103
さざんかも今が盛りで、濃い緑の葉っぱに紅と白のコントラストが良い。
ミニバラも可愛らしい。
晩秋の柔らかい日差しが温い。良い季節である。

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

1151105_110202_2ポンチョを作るのに、何時もの教室を一日借りる。
4人で広々と仕事も捗る。
組木絵のさんも来る。
五箇山と棚田に稲の苗を植える。art
何時見ても素晴らしい。

1151103_175105
来年の干支申がポーチから沢山出てくる、出て来る。


11151109_104614

11151109_104702 展示の手芸作品、クリスマスのオーナメント他。











| | コメント (6)

高幡不動尊 菊まつり

早いもので、今日11月8日は暦の上では立冬である。

例年この時期は高幡不動尊の菊まつりが盛んで人出も多い。
20151104_3_2 20151104_6   
菊作りの名人たちが一年間丹精込めて仕上げた作品が、豪華絢爛と並
ぶ。 o(*^▽^*)o
太管、細管など種類は多いようで、ピンセット?のようなもので繊細な花
の部分を丁寧につくろっている人を何人か見かける。
まるで我が子を慈しむようなしぐさに見える。

20151104_8_4傍に赤い実のなる大鉢があり、立て札を拡大すると
赤茄子と書かれている。
鑑賞用茄子のようだ。


1151104_140552_3 20151104_2_3 20151104_5_3 20151104_4_4
菊の展示品目の案内を見ていると千輪咲き、厚物、管物など様子がそ
のまま名前になっているのが分かり易い。
美しく、思うように咲かせるのは至難のわざではなかろうか。

20151104_6_2 20151104_8_6
高幡不動尊の建物は堂々と立派で、歴史も感じられる。
ここのモミジは未だまだのようだが、ライトアップされたモミジは誠にすば
らしくこの頃になると夜風が冷たい。

初参りにはじまり、あじさい、菊祭り、紅葉と毎年数回訪れる馴染み深い
場所である。 
境内には四十八ケ所の霊場もあり、ちょっとした山登り?である。































 

| | コメント (6)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »