« 小さな和散歩 百草園 | トップページ | お雛さま »

金の生る木 他

月2回金曜の午前、地区センターで、楽々体操をはじめて早や3年目に
入る。
普段動かさない筋肉を楽に伸ばしながらのストレッチと腹式呼吸である。

そのお仲間が「金の生る木に花が咲いたから見に来ない}とのお誘い。
はじめて聞く名前にはじめて見る花、何とも縁起が良いではないか!
120160219_3 11201602020
白い小花が沢山咲いて可愛らしい。金の生る木の命名が肯ける?

清楚なランも美しく、今まさにランの最盛期でみごと。

手芸仲間さんのギャラリーが新装開店、そのお祝を兼ねて遅まきなが
ら新年会を開く。(2/15日)
もとは陶器の展示が主であるが、さん得意の手芸の小物などが種類も
数もたくさん並び即売していて華やかなテーブルである。
20160219_2 20160219

心のこもったワンプレート昼食にデザートの手作りケーキとコーヒーで、
話しに花が咲く。
後半、童謡「早春賦」の唱も飛びだし和気あいあいの時を過ごす。

帰路は腹ごなしに歩いて帰る。

昨日(2/19日)は、「お雛様を飾ったのでお茶会にどうぞ」と誘われる。
豪華な段飾りではないが、味わいのあるお雛様がたくさん並ぶ。
20160219_6 20160219_5
珍しく、いくら眺めても飽きない雛達で、日本のお雛様の伝統の深さと手先
の器用さを感じる。
今は余り飾る家は少なくなったが、子供の頃はお雛様を飾り、甘酒に菱餅
雛あられなど遠い昔が懐かしい。

この家の蔵書の量はものすごく、家が傾いているように見える。
壁に絵画も沢山架かりインテリご夫妻だ。

彼女の家は4階で景色が開けて気持良い。




|

« 小さな和散歩 百草園 | トップページ | お雛さま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は~
今日はお世話になりました。そして、美味しいお団子をご馳走様でした。

楽々体操をはじめて、もう3年目に入るのですね。sweat01
普段動かさない筋肉を使ってのストレッチや腹式呼吸は、健康を維持していくのに大切なことなんですね。
今日の痺れ回復のテレビでも、足の指をしっかり開いて、足先を伸ばしたり曲げたりの運動をすると良いと言っていました。

金の生る木に5円玉が入っているのは見たことがありますが、花は見たことがありません。
5弁の可愛らしい花がいっぱい咲くのですね。clover

お友達の家に「お雛様を飾ったのでどうぞ。」とお誘いを受けるのは嬉しいですね。
可愛いお顔の親王飾りや手作りのお雛様がどれも素敵です。
和紙や布でお雛様を作られる方なのですね。virgo
ひな祭りと言うと、ちらし寿司にハマグリの潮汁が食べたくなります。

投稿: わたすげ | 2016年2月22日 (月) 21時53分

>わたすげさん こんばんは~

身体を動かすのは心身共にすっきりして、ストレッチ体操は気持が良い
ものです。note

金の生る木って、はじめて聞き、そしてはじめて見ました。
数多く咲いているので、名前の由来はもっともと思いました。
(゚ー゚)

Sさんのお店ももう少し近ければ日参しても良いのですが。delicious

最近立派なお雛様は見なくなりましたが、個性のあるこれらのお雛様も
素敵です。
篤姫が徳川家に輿入れした時のお雛様を、江戸東京博物館で見ました。
凄い金額が張ったものと説明も受けました。art

投稿: やっこちゃん | 2016年2月23日 (火) 21時53分

こんにちは
楽々体操をしてもう3年目になるのですか?
身体にいいですね。私も何かやりたいと思いながら
何もしていません。

金の生る木って、初めて聞きましたし、初めて見ました。
見事に咲いていますね。ランも綺麗ですね。

お友達の家のお雛様のお誘いどれも可愛くて素敵ですね。
お雛様と言えば、白、赤、黄、青色のお餅を三角に切って
お雛様に飾る、お餅を懐かしく思い出します。

投稿: shinabi | 2016年2月25日 (木) 11時25分

;>shinabiさん  こんばんは~

明日は東京マラソン、もう10回目になるそうです。sports

普段使わないところを伸ばすのは、気持の良いものです。
楽々体操はそれを楽に無理なく伸ばすことです。(^-^

shinabiさんも金の生る木ってはじめてですか。sign02
私もそんなのあるの・・・って聞いて見ました。
あれだけ密に咲いていれば金も増えそうです。good

お雛様は良いものです。
あれは菱餅ですね、今思えばあれは菱型でした。

投稿: やっこちゃん | 2016年2月27日 (土) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな和散歩 百草園 | トップページ | お雛さま »