東伊豆を行く

080124_002_2 080124_006_2

080124_014_2 080124_016_2

080124_019_2 080124_024_2

080124_028_2 080124_037

 お天気は良いが風が冷たい。 
東京駅から「スーパービュー踊り子号」に乗り伊豆稲取に行く。 
列車の窓は大きくて座席は沿線の景色が見られるように横向きである。 シートはゆったりとしたソファーだ。
窓からは太陽が暖かくニュースでみる北国の猛吹雪がうそのようだ。
熱海駅で前10両が下田、後ろ5両が.修善寺行きに切り離される。
 山海の幸と温泉の魅力、ロケーションの多彩さなど、
伊豆は交通の便もよし、そして近い。
 熱海の車窓からは、海に浮かぶ”初島”を見、
沿線のところどころで梅の花をみる。 熱川を過ぎる頃から海岸線の眺めもよく、伊豆七島がみられる。
 大島、利島、新島、神津島などの説明。 大島は大きく、利島は二等辺三角形でこの2島はよく見えた。 大島の上のほうが白いのは三原山の雪なのか? この海岸線はちょくちょく短いトンネルがある。
 稲取で1泊、部屋の窓からは全面海だ。 海は広いよ。 
日の入りの写真を撮る。
 ちょうど、子供たちの幸せを願う”雛のつるし飾りまつり”の最中、雛段の両脇に人形が豪華につるされる。
 翌日は下田へ。 駅前からバスで爪木崎へ、途中「須崎の御用邸」前を通る。
長い塀の植え込みにきっちり手が入っている。
須崎半島最先端に300万株の野水仙が群生する。 あたりの景色と共に素晴らしい。 アロエの花はやや終わり。 
大島が手に取るように見える。 もう何年前になるのだろう。
三原山の噴火を思いおこす。

 

| | コメント (6)

その他のカテゴリー

旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき